<< 「新東京駅」上空は、隅田川から丸の内一帯そして皇居までの「風の道」になった | main | 10月10日「体育の日」というイメージが未だに残っている >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東京駅ドーム、8つの干支が飾られる、では抜けている4つの干支は、どこに?
eki
 

東京駅のドーム
実はこの干支のレリーフ、単なる飾りではなく方角を示しているのです

例えば、辰巳(たつみ)の方角と言うように。


doom
 

ちなみに飾られている干支は、丑うし(北東)、寅とら(北東)、
辰たつ(南東)、巳へび(南東)、
未ひつじ(南西)、申さる(南西)、
戌いぬ(北西)、亥いのしし(北西)

以上の8個です。
 

一方省かれているのは子(ねずみ)、卯(うさぎ)、午(うま)、酉(とり)

(東西南北を指す)です。


公開されているドームに、主となる「東西南北」がないというのは、おかしいでしょう。


重要な場所に、ここに無い卯、酉、午、子(東西南北)が飾られているとしか思えません。

 

1914年(大正3年)造られたときの記録を調べてみました。

記録では、「首都の中央停車場としての機能と外観を備え、その最たるものが

亭室(皇室)専用の施設である。

駅舎の中央部に、休憩室、広室、便殿(べんでん)、廊下、階段まで含めると

275坪にもおよぶスペースを占め、その意匠と調度品は絢爛豪華であった。


benden 当時の便殿

特に
便殿は、天皇・皇后様の帝室用御休憩室であり蛇紋石製の暖炉の上には

日の出を描いた七宝製額が飾られていた。」と・・・・


当然、この便殿の天井には、干支のレリーフが飾られていたことは推察できよう。


 

もし、現在もこの便殿が存在したとしたら・・・・・

であるが。
松本清張ばりに推理すると

卯、酉、午、子(東西南北)のレリーフはここにあるに違いない。

houi

| 新東京駅 | 07:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:40 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH