<< ブラジル移民の歴史 | main | ジャズフェスティバル「SWING赤坂2012」開催 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
小説「天地明察」の舞台、渋谷の「金王八幡宮(こんのうはちまんぐう)」

konnou

「天地明察」の舞台、渋谷の
「金王八幡宮」にお参りしてきた。

冲方丁(うぶかた・とう)の時代小説「天地明察」が、本屋大賞を受賞したときに買い求め

ずっと読んでいなかったものを先日ようやく読み出した。

面白い!!

一気に読み終えた。

暦(こよみ)をつくることがこれほどの大事業だと思っていなかった。

疑問だった伊勢暦との関係もわかった。

book

主人公 渋川春海、(場面によっては安井算哲とも名乗る)が、江戸城から駕籠に乗り、

渋谷宮益坂にある「金王八幡(こんのうはちまん」の神社(やしろ))向かう。

目的は神社にある「絵馬」“算額奉納”である。

誰かが算術の問題を算額に書いて吊るす。「さあ俺の問題を解いてみろ」との挑戦状である。
それを誰かが解く。
正しければ「明察」と出題者が書き込み一件落着となる。
間違っていれば「惜シクモ」とか「誤謬ニテ候」と書き込まれる。

境内で、天才がいることを知る。また、将来を誓う妻・えんと出会う。

そんなことを思いながら、初めて「金王八幡宮」にお参りした。

渋谷駅から徒歩7分ほどのところに神社があったことすら知らなかった。

 

「明察」とは、ごめいさつ!(正解)の意味だった。

| 天地明察 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:58 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH