<< 富士山噴火の可能性が!(震災でマグマに宝永噴火より強い圧力)  | main | ブラジルは、1888年の奴隷制度廃止による労働力不足のため移民を募った >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ポルトガルの首都がブラジルのリオデジャネイロだった時期もあったのだ

rio
リオデジャネイロは、カーニバルのイメージだけだったがこんな歴史があったのだ。

ナポレオン戦争により、1807年にジュノー元帥に率いられたフランス軍が

ポルトガルに侵攻した。

このためポルトガル宮廷はリスボンからリオデジャネイロに遷都し、

以降リオの開発が進んだ。

1815年にリオデジャネイロはポルトガル・ブラジル及びアルガルヴェ連合王国の

首都に定められた。

 

ポルトガル政府はバンダ・オリエンタルのホセ・ヘルバシオ・アルティーガス率いる

連邦同盟との戦いを進めてバンダ・オリエンタルを支配下に置き、

征服した地域にシスプラチナ州を設立した。

1820年ポルトガルを自由主義的な立憲君主制国家に変革しようとする革命が

起こり、リオデジャネイロのジョアン6世に帰国を要請した。

1821年にポルトガル宮廷はリスボンに帰還したが、

摂政として残留したブラガンサ家の王太子ペードロをジョゼー・ボニファシオを

代表とするブラジル人勢力が支持したこともあり、


1822年9月7日
に「イピランガの叫び」をあげて、ペードロが皇帝の

ペードロ1世在位1823-1831)に即位する形で

ブラジル帝国がポルトガルから独立を宣言した。

 
| 歴史 | 07:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:57 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH