<< 伊勢「ねこバス」に導かれるように、倭姫宮(やまとひめのみや)へお参り | main | 「さんまのからくりテレビ」に出ていた高知中央高校生を先週原宿よさこいで観ていた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
哀愁誘う胡弓「おわら風の盆」1000人が優雅に舞う

owara1

豊作を祈って三日三晩を踊り明かす富山市八尾(やつお)町地区の伝統行事

「おわら風の盆」が昨日9月1日から始まった。
江戸時代から続く祭り。編み笠(がさ)を目深にかぶった約1000人の男女は、

哀愁を誘う胡弓(こきゅう)や三味線の音色に合わせ、蔵の並ぶ古い街を優雅に練り歩く。

owara2

おわら風の盆の幕開け

二百十日の初秋の風が吹くころ、おわら風の盆の幕開けを迎えます。

毎年9月1日から3日にかけて行われるこのおわら風の盆は、

今も昔も多くの人々を魅了します。

涼しげな揃いの浴衣に、編笠の間から少し顔を覗かせたその姿は、

実に幻想的であり優美で、山々が赤くもえる夕暮れを過ぎると、

家並みに沿って並ぶぼんぼりに淡い灯がともります。
それぞれの町の伝統と個性を、いかんなく披露しながら唄い踊り、

その町流しの後ろには、哀愁漂う音色に魅せられた人々が1人、

また1人と自然につらなり、闇に橙色の灯が浮かび上がり、誰もが

おわらに染まっていきます。

 

「おわら」とは

一説では、江戸時代文化の頃、芸達者な人々は、七五調の唄を新作し、

唄の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差しはさんで町内を練り廻ったのが

いつしか「おわら」と唄うようになったというものや、

豊年万作を祈念した「おおわら(大藁)」説、小原村の娘が唄い始めたからと

言う「小原村説」などがあります。


owara4
 

なかなかこの時期八尾に行く機会はないが、前にNHKのドラマで

高橋治の小説を映像化した作品『風の盆恋歌』

観て以来強い興味を抱いている。

来年は行ってみようと思っている。

1000人の踊り子、26万人が訪れる。

「伊勢音頭」の復興の参考になると思う。

 
| 芸術 | 07:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - | pookmark |
コメント
「おわら風の盆」八尾へは 行ってみたいと思っています。
「伊勢音頭千人踊り」を具現化するために 計画を立てて訪れたほうがいいですね、、、、
来年が遷宮の年なので ねらい目なのです。
「里帰り伊勢音頭」といって 伊勢から持ち帰った伊勢音頭が各地でアレンジして踊られていて、その各伊勢音頭を伊勢に集結させていたこともかつてあったので その復活ラインで「伊勢音頭千人躍り」も可能かも知れませんね。
| 静順 | 2012/09/03 10:21 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH