<< 「日本金メダル第1号」の松本薫さんは不思議ちゃんでおもしろい | main | 永遠の妖精「オードリー・ヘプバーン」の直筆の手紙に出会った >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
時計誌「ウオッチ・ファイル66号」を読んで久しぶりにジラール・ペルゴを腕につけてみた

gp4

私のコレクションの中にも「GIRARD−PERREGAUX ジラール・ペルゴ」がある。

この時計には、裏に1961年6月18日のエングレイブがあるので、

今から50年以上前のものである。


gp2

GYROMATIC
 ジャイロマテック」自動巻きである。

ケースは10金張りの丸型でオーソドックスなデザインが古さを感じさせない。

また、オーバーホールもしていないのに正確に動いている。

それは、ムーブメントが素晴らしいからであろう。


gp1
 

時計というものは、ある意味可愛そうである。

それは、私の実用時計に100年以上前の品もある。

たとえば自動車で考えれば、10年〜15年すれば廃車にしてしまう。

たとえ300万円の車でも・・・

時計といえば、修理してでも使う。修理が可能なのだ。

それは、時計が貴重品だったなごりなのかもしれない。

100年も使われたら時計はもう許して欲しいだろう。

しかし、使うほうからしたら有難い。100年正確に機能する素晴らしいメカである。


gp5
 

さて「ジラール・ペルゴ」は、日本とのかかわりがウオルサム同様大変古い。

ジラール・ペルゴはスイスで1791年に創業された歴史ある時計メーカーだ。

ウオルサムが日本に登場したのが日米修好通商条約批准書の交換された1860年

米国より将軍に贈られ、この実物が外交資料として外務省外交史料館に保存されている。

ジラール・ペルゴについても

創設者コンスタン・ジラールの妻の弟・フランソワ・ジラールが1861年スイスの使節団の

一員として横浜に来日した。1864年横浜に日本初のスイス時計輸入代理店

「シャネル&ペルゴ社」を設立しているという記録が残る。


gp3
 

もちろん1860年当時の時計は、懐中時計である。

腕時計が世の中に誕生したのは1900年にはいってからである。


この時計は、1960年代、クオーツが発売される前の最高の技術の結晶が

GYROMATIC」 2万1600振動の自動巻きムーブメントだ。

この後 1965年 3万6000振動の「GYROMATIC HF」というハイビートが

発表される。
「ジラール・ペルゴ」いい時計なのに日本ではあまり知られていない。
もったいない・・・

 
| 時計コレクション | 07:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:38 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH