<< ハワイ・フィジー・タヒチを結び「ポリネシア・トライアングル」と名づけてみる | main | 南海の楽園「タヒチ」その概要 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
伊雑宮の御田植祭-日本三大御田植祭、裸男たちの勇壮な竹取神事
izawa
 

今年 1月に初めて訪れた母の故郷磯部町の「伊雑宮(いぞうぐう・いざわのみや)」

にて、昨日神事が行われた。

伊勢神宮内宮の別宮「伊雑宮」(志摩市磯部町)の祭り

「御田植祭(おみた・おたうえさい)」6月24日、同宮と同宮神田で執り行われた。

izawa4

同祭は、香取神宮(千葉県香取市)と住吉大社(大阪市住吉区)の御田植祭とともに

日本三大御田植祭の一つとされ、平安時代から行われていたともいわれる。

 

鎌倉時代に成立したとされる伊勢神宮の「神道五部書」の一つ「倭姫世紀」に

書かれた「白真名鶴伝説」「鶴の穂落とし伝説」

(倭姫命が志摩を訪れた時に昼夜鳴く鶴がいたので見にいくと稲穂を

くわえていたという伝説)に由来するとされ、昔から伝わる祭りで歌われる

躍り込み唄や数え唄の歌詞に由来の伝説が登場する。

izawa1

祭りは、伊雑宮でおはらい、参拝を行い、場所を神田に移動。

裸男が大きなうちわのついた忌竹(いみだけ)を奪い合い泥だらけになりながら

繰り広げる「竹取神事」、赤い衣装を着て倭姫命に扮(ふん)した太鼓打ちが

田舟に乗り田楽を奏でながら、白い衣装に赤いたすきがけの早乙女らが

田植えを行う「御田植神事」が執り行われた。

「竹取神事」で奪い合ったうちわの紙や竹を神棚に供えると

無病息災、商売繁盛、豊漁になると言い伝えられ、

人々はその紙切れや竹を男たちから譲り受け、有り難そうに大切に持ち帰った。

| 故郷「伊勢」 | 07:58 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:58 | - | - | pookmark |
コメント
ルイヴィトンコピー
HP:http://www.mycloshow.com
mycloshow.com 2012年初夏新作入荷ブランドコピー服市場!
★2012年最新作、最人気の商品が大いに安くて売ります!
★2012年人気最新品、新素材入荷! SSS級財布 専門サイト問屋
★2012年最高財布等級時計大量入荷超人気!!!★
★2012年春、夏節男性、女性に超人気がある新素材入荷★
○ S品質 シリアル付きも有り 付属品完備!
○必ずご満足頂ける品質の商品のみ販売しております.
○ 品質を最大限本物と同等とする為に相応の材質にて製作している為です.
○ 絶対に満足して頂ける品のみ皆様にお届け致します.
店 長: 山崎 美子
連絡先:yago@mycloshow.com
| ルイヴィトンコピー | 2012/07/02 9:44 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH