<< 先週代々木で「タイフェスティバル」が開催され、今週末は「ジャマイカフェスティバル」がある | main | ジャマイカでは、バナナ・ボートに乗り、川を下ってみた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
雲龍庵が世界で高く評価されるきっかけが印籠なのだ。
 

印籠というと水戸光圀の三つ葉葵の印籠を「この印籠が眼にはいらないか!」と

見せるシーンが目に浮かぶが、この印籠の造りには秘密があったのだ。

 

「雲龍庵」が現在の形になるきっかになったのが「印籠」でした。
inrou
江戸時代にたくさん作られていた印籠ですが、小さな箱が5つほど重なった
複雑な構造で、実はその制作の技術は途絶えていました。
inrou1
       参考写真は、江戸以前のオリジナル印籠
北村辰夫さんは試行錯誤の末、江戸時代に匹敵する印籠制作に成功。
その作品は、イギリスのヴィクトリア&アルバート・ミュージアムに買い上げられ、
個展を開くまでになりました。
美術館とコレクターは強いつながりがあり、世界中にいる印籠コレクターとつながる
ことができたのです。
5つの漆作品を1つに合わせることが非常に難しい技術なのである。

| 雲龍庵 | 07:38 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:38 | - | - | pookmark |
コメント
イギリスのヴィクトリア&アルバート・ミュージアムに買い上げられた印籠はそのままミュージアムの永久所蔵品になっているのですか?
個展はヴィクトリア&アルバート・ミュージアムで開催したのですか?
日時など詳細を教えて戴ければ嬉しいです。
ヴィクトリア&アルバート・ミュージアムのページで北村辰夫氏のお名前も印籠も探せないのですが、どうしたら見れますか?
教えて下さい。
宜しくお願いします。
| Kumiko Sakata | 2012/08/23 11:02 AM |
精力剤(せいりょくざい)とは、主に更年期以降における男性を対象とした、性機能増強のための薬剤及び一般食品の俗称。
| 漢方精力剤 | 2018/08/30 11:17 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH