<< 赤坂での昼食灰魯錺の鼠「OGO Ono-Loa Hawaii(オゴ オノロア ハワイ)」 | main | 先週代々木で「タイフェスティバル」が開催され、今週末は「ジャマイカフェスティバル」がある >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
5月11日NHK【世界のセレブを魅了!日本の伝統工芸の魅力とは!?】で石川県の「雲龍庵」が特集された
nhk 

5月11日(金)NHK総合で「世界のセレブを狙え!伝統工芸の新たな挑戦」

題した番組が夜10時から10時50分に放送された。


メインキャスターは、ネプチューンの原田泰造さん。

そして原田さんとコンビを組むのはNHKを代表する実力派、伊東敏恵アナウンサー

番組ではまず、石川県輪島市に拠点を置く、漆芸工房・「雲龍庵」を訪ねる。

8人の職人が所属する工房が作り出すオリジナルの漆芸品は、最低100万円台で、

主には1千万円ほどする超高級品だ。しかし完成した作品は、世界各国にいる

コレクターがプライベートジェットで駆けつけ、競うように買われていく。

作品が人の目に触れることを「目垢がつく」と嫌われ、雑誌やインターネットなどに

掲載されることもほとんどない。
多くの伝統技術が行き詰る中、世界に目を向けた小さな工房のビジネスモデルにせまる!!

この番組をみて驚いた

とにかく桁違いのオーストラリアのセレブが、「雲龍庵」の漆工芸品を自家用ジェットで

日本にまで来て買い求めている。

実を言うとこの石川県の工房の主催者である北村辰夫氏とは、昨年ある方を通し

知り合い特別のプロジェクトをいっしょにさせていただいた。

放送の前日、5月10日にも電話でお話したところだった。

 

歴史的な漆工芸を復活させた北村氏は、世界の美術市場で、いかに高く評価
されているのか
はっきり分かった。


日本人が感じる漆工芸と、「ジャパン=漆」と呼ぶ海外のコレクターが思う漆工芸に

大きな差があったのだ。

海外の方のほうが、漆の難しさ、良さをわかっているのだ!


unryu
 

それだからこそ、ジェットで日本まで飛んできて出来たばかりの品を争うように買うのだ。

鎌倉・室町時代できていた漆細工が今ではだれも造れなくなっていた。

この技術を復活させたのが「雲龍庵」北村さんなのである。

来週もお会いすることになっている。ぜひ、素晴らしい漆作品を日本でもみせていただきたい。

| 雲龍庵 | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH