<< 赤坂ランチで世界の料理を楽しむ「ベルギー料理」 | main | 白洲次郎、正子夫妻の住まいであった「武相荘」(ぶあいそう)を訪ねた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
ベルギーのアントワープを訪ねたのは、10年ほど前だった

ant4
歴史ある市庁舎の前で

ブリュッセルから約50km、汽車で30分。人口48万のこの町はブリュッセルに

次いで二番目に大きな町です。

スヘルデ川(フランス語でエスコー川)の河口にある世界第三位の港町。

アントワープは、15世紀来ダイヤモンド産業の中心地

取り引き総額は年間390億米ドル、世界のダイヤの7割はアントワープで

取り引きされています。
アントワープ

15世紀後半にブルージュを追い越してフランダースの毛織物交易の中心地となり、

さらに16世紀にはスペインやポルトガルが植民地から仕入れた品物をさばいて

隆盛をきわめました。

一時スペイン領となって衰えましたが、現在は活気のある臨海工業地帯として、

バロック芸術の花開いた芸術の都として、ダイヤモンドの町として、

そしてファッションの町として国際的に知られています。

日本人にはとくに名作「フランダースの犬」の舞台の町として有名です。
ant5

 宿泊したホテルの部屋もおしゃれ

ant6

そして、高速列車の発着駅となる中央駅のロータリーの近くにあるのが、

世界最大規模となるダイヤモンドに特化した専門博物館。

ant7

ダイヤモンド産業の歴史や研磨技術、仕上げまでの全行程を豊富な展示と

資料で紹介します。月曜から金曜までは昔ながらの工房内で、地元の研磨職人に

よる加工作業の一般公開も。「カット・イン・アントワープ」と呼ばれ名高い職人技術を

間近で見学できます。溜め息の出るようなジュエリーコレクションの数々も見逃せません。

この博物館のある中央駅付近は、4つのダイヤモンド専用の取引場や関連会社が

集まる世界でも珍しいダイヤモンド街。

1500以上のダイヤ関連会社が密集し、有名宝石店も数多く集まる。

 
| 世界の旅・ベルギー | 07:35 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:35 | - | - | pookmark |
コメント
自由です、率いる性気の向くままに、賢い息を満たす周迅は気ままに振る舞うLANCEL若い女性の人を魅惑する個性を伝達しだします! yienognoformy

ロレックスコピーhttp://sctokelya.com/
コピーブランドhttp://www.bag-gucci-lv.com/

| ロレックスコピー | 2012/01/07 11:01 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH