<< 徳川家康が江戸城に入った時、江戸城はそれほど大きい城ではなかった | main | 久しぶりに、「五代目 野田岩」で絶品天然うなぎをいただいた >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
この大筋の歴史を踏まえ実際の江戸城内部を紹介してみる
江戸期の城は内郭と外郭に大きく分けて考えることができ、

まず、内郭、内部はさらに本城と西城に分けられる。

 

本城の部分は本丸、二の丸、三の丸からなり、この部分の面積はおよそ

31万平方メートルであった。

 

文字どおり江戸城の中心で、本丸には本丸御殿が建てられており、

表(おもて)、中奥(なかおく)、大奥(おおおく)の三つの部分からなり、

殿舎は幕府の政治上の中枢部で、老中らが政務を行う御用部屋や、

諸大名、外国使節らの謁見(えっけん)などが行われる大広間や、

白書院、黒書院などの座敷があった。

中奥は将軍が日常起居し政務をみたりする「官邸」であり、

大奥は将軍の夫人(御台所(みだいどころ))を中心に後宮の女性が生活する

場所で、いわば「私邸」であった。

tensyu2 


この本丸北側に1607年(慶長12)完成の
五層六重の天守閣が建てられていたが、

1657年(明暦3)の明暦(めいれき)の大火で類焼し、以後は再建されることなく、

城内の富士見櫓(やぐら)(3層)によって代用された。


tensyu1
                                 火事の後は、石垣だけが残っている

二の丸は本丸南側および東側に南北に細長い形をしており、

三の丸はさらにその東側に位置し、江戸期の城の遺構がいちばんよく残る

部分である。

すなわち、大手門(渡櫓は復原)、平河門(ひらかわもん)、桔梗門(ききょうもん)などがある。

西城(西の丸、山里曲輪(くるわ))の西の丸は前将軍の隠居所、

次将軍の居所として用いられた所で、ここに伏見櫓がある。

 

明治維新後、明治天皇が入ったのは西の丸で、1873年(明治6)に

西の丸御殿(皇居)が炎上したあと、同じ場所に明治新宮殿が1888年に

建てられている。

| 江戸城 | 07:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:46 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH