<< ケーブリカー高尾山駅から頂上へ歩く | main | 高尾山「飯縄大権現」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東電が被害者に対し58ページの請求書と156ページの案内文を送りつける(賠償手続き書類)
 

東電が郵送した個人向けの請求書類は58ページ案内冊子は156ページに及ぶ。

このため被害者向けの電話や相談窓口では、1人あたり1時間から1時間半

かけて説明することもあるという。

また、合意書の見本には「上記金額の受領以降は、一切の異議・追加の請求を

申し立てることはありません」と記載され、被害者の反発を受けていた。

これらについて、枝野幸男経済産業相は9月26日午前の衆院予算委員会で、

「とんでもない話だ。抜本的な改善を求める」と述べた。

大臣の要請に応じ、26日20時半に東電は、近く、簡易な説明資料を発送し、

10月中に賠償金の支払いを始めたいと回答した。

当たり前だ!

 

一般市民に重大な被害を与えておいて、214ページにも渡る請求関係資料を

お年寄りに送りつけ、
書き込め!

そして、上記金額の受領以降は、一切の異議・追加の

請求を申し立てるな!と記載するなど言語道断だ。

 

まさに役人が上から目線で書いた書類だ。

一軒一軒担当者が出向き、お詫びをしながら説明し、賠償金額を

確定していくのが筋というものだろう。

 

東電、どれだけ偉いの・・・

| 大災害 | 12:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH