<< 武蔵野といえば国木田独歩著の「武蔵野」を思い浮かべる | main | 三鷹はジブリの里でもある。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
三鷹は文豪銀座であった
明治・大正・昭和と多くの文豪が三鷹近くの武蔵野に居を構えた。

その記念碑が多く残されていた。

国木田独歩の碑に加え

三鷹駅から南口中央通りを南へ辿ると、最初のさくら通りとの交差点を過ぎた左に

三木露風の碑が、さらに進めば、右手に武者小路実篤、さらに太宰治

亀井勝一郎の碑、その先の左に山本有三の碑がある。

また、三鷹 禅林寺には、森鴎外と太宰治のお墓がある。


mori

多くの文士が、ここ武蔵野の地に訪れ作品を描いたのだ。


野口雨情、北村西望も、ここ武蔵野に住んだ。

野口雨情

明治15〜昭和20年(1882〜1945)。民謡・童謡詩人。茨城県生まれ。

早大英文科中退卒。大正中期に北原白秋・西条八十らとともに近代童謡の

隆盛に尽力した。童謡・民謡ともに土の香りのする地方的な素朴さと哀愁に

特色があり、広く国民に愛唱された。民謡「船頭小唄」「波浮の港」は名高い。

童謡集に『十五夜お月さん』(1921)がある。

大正13年3月より(武蔵野市)吉祥寺北町(1-24-5)に移転、昭和19年1月、

宇都宮に疎開するまで住んだ。

北村西望

明治17年〜昭和63年(1884 〜1988) 彫刻家。長崎県島原生まれ。

東京美術学校卒。文展に度々入賞。母校の教授。芸術院会員。

代表作に「怒濤」「晩鐘」「長崎平和祈念像」などがある。

井の頭公園内のアトリエで平和祈念像の原型を作った。

武蔵野市御殿山1-17-23 に住んでいた縁による。

現在、井の頭文化園内に記念館がある。


mikimoto
mikimoto1 昭和8年8月 西望作の銘
 

北村西望作のブロンズ

「御木本幸吉翁の像」が我が家にある。

御木本さんが伊勢の実家に来たこともあり、記念の品である。

| 玉川上水 | 07:56 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - | pookmark |
コメント

ちょっと聞いてよ押
こないだのオッサン、マジ半端ないんだけど。ヮラ
http://mtnqax9.x.ex-summer.net/mtnqax9/
| カナ | 2011/08/26 10:59 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH