<< 平櫛田中彫刻美術館を訪ねる | main | 下町味散歩<浅草> >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)とはどんな人か
dencyu7 


平櫛田中
は、明治5年、現在の岡山県井原市に生まれ、青年期に大阪の

人形師・中谷省古のもとで彫刻修業をしたのち、上京して高村光雲の門下生

となりました。その後、美術界の指導者・岡倉天心や臨済宗の高僧・西山禾山の

影響を受け、仏教説話や中国の故事などを題材にした精神性の強い作品を制作します。

 

1937年(昭和12年)、帝国芸術院会員となる。1944年(昭和19年)、

東京美術学校(現・東京藝術大学)の教授に招聘され、第二次世界大戦後も

教壇に立つ。明治末期から大正初期にかけて、東京藝大の基礎となる

東京美術学校を創立した岡倉天心に師事した。

東京藝大構内の六角堂に田中作になる「岡倉天心像」が安置されており、

天心を敬愛していた田中は藝大勤務時代には登校のたびに、この自作の像に

最敬礼していた。


dencyu5

1958年
(昭和33)畢生の大作「鏡獅子」を戦中のブランクを経て、20年をかけて

完成する。モデルの6代目尾上菊五郎はすでに故人となっていた。

 1962年(昭和37年)、文化勲章受章

1965年(昭和40年)、東京藝大名誉教授となる。 1972年(昭和47年)、出身地の

井原市が主催し平櫛田中賞を設ける。100歳を超え長命であったが、死の直前まで

創作を続けた。没後、彼のアトリエには30年以上続けて製作できるだけの彫刻用の

材木があった。この材木を利用して、井原市の田中美術館に上野桜木町の

アトリエが再現された。

1979年(昭和54年)、東京都小平市の自宅で逝去。享年107。
dencyu6

| 芸術 | 07:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:02 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH