<< 今日未明に福島でM6.0、1ヶ月周期の強い地震が・・・9月11日心配 | main | 平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)とはどんな人か >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
平櫛田中彫刻美術館を訪ねる
dencyu 


前々から訪ねたいと思っていた「平櫛田中彫刻美術館」に行ってきた。

小平市の一橋大学のすぐ傍にあった。

平櫛田中(ひらぐしでんちゅう)は写実的な作風で、高村光雲荻原碌山

朝倉文夫などと並び、日本近代を代表する彫刻家の一人である。

代表作は国立劇場にある「鏡獅子」や、「烏有先生(うゆうせんせい)」「転生」

「五浦釣人(いづらちょうじん)」など。また、教訓めいた名言も多く残している。

dencyu2 


私が大学時代、伊勢の実家に平櫛氏がたびたびおいでになり、お付き合いの

関係で父が平櫛氏の作品も本人から買っている。

この頃、伊勢神宮の神馬と赤福のお祖母さんの像を制作中で時々伊勢においでになり、

何故か我が家にも立ち寄られるようになっていた。

dencyu1

私自身は平櫛氏とはお会いしたことはないが、たまたま帰郷していたとき

平櫛氏がいらっしゃっていて、父が作品を見せてくれた。

それは、すごい仏像で、あまりに高価で父も買えなかった。

後に、松下幸之助さんが購入したことを聞いた。

dencyu3

| 芸術 | 07:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH