<< 古くて新しい東京新発見!広重江戸百景を巡る粥峅子装束ゑの木大晦日の狐火」 | main | 本日8月5日は、マリリン・モンローの命日です >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
政府・日銀が4カ月半ぶりに円売り介入
政府・日銀は8月4日、歴史的な円高を是正するため、

円売り・ドル買いの為替介入を実施した。

 

介入は、東日本大震災直後に日米欧が協調介入した3月18日以来、

約4カ月半ぶり。一方、日銀は4日の金融政策決定会合で、追加の

金融緩和を決定した。金利低下を促す緩和策と介入の「合わせ技」で

円高の進行に歯止めをかけ、震災から立ち直りつつある日本経済を

下支えしたい考えだ。

en

4日の東京外国為替市場は1ドル=77円台前半で始まったが、

午前10時の介入後は79円台後半まで円が急落

ロンドン市場では一時、1ドル=80円台を付けた。

介入は日本単独で行い、同日午前、緊急会見した野田佳彦財務相は

「無秩序な動きには断固たる措置を取る」と強調した。

 


NY金先物は高値更新
-景気懸念背景に1700ドル台視野

8月3日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は

安全資産としての需要を背景に続伸し、8月限は21.50ドル(1.3%)高の

1オンス=1663.40ドルと過去最高値を更新した。

1年前と比べると39%高い水準。

アナリストらは、世界経済の健全性に対する懸念の高まりを受け、

近く1700ドルを超えるとみている。

中国、欧州、米国の最近の経済指標は成長鈍化を示唆しており、今週の

債券市場は、イタリアとスペインに債務への懸念から混乱している。

一方、米国は2日に債務上限引き上げとなったが、格下げへの懸念はくすぶったままだ。

MFグローバルのストラテジスト、アダム・クロプフェンスタイン氏は

1700ドルをつけると思う」と予想。

米株の指数が2週にわたり下落し、投資家の信頼感が揺らいでいることから、

「金は安心して買える数少ない商品の1つだ」と述べた。

私自身は、この金価格の高騰は、異常だと捉えている。
ここ10年で4倍になるということは、必ず調整がはいる。
近いうちに暴落する心配があるのだ。
じっくり観察しなければいけない。

| 為替 | 01:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 01:31 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH