<< 糖尿病への最悪コースは“朝抜き、昼ソバ、夜ドカ食い”だ | main | 熱中症から身を守る方法 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今週、自分の机の引き出しで眠っていた金製品を現金化してみた

ほとんど使っていないブレスレットやキーチェーンや指輪などで引き出しに入れていた

貴金属で、たいした金額にならないと思っていたら、44万円にもなった。


gold イメージ

金販売の際の必要知識

表示されている金価格  1g=4238円は 純金24金の小売価格

 

売る場合は買取価格をみる。さらにほとんどの金製品は18金であるので

24分の18=1000分の750 で計算しなければならない

さらに精製手数料が引かれるため 18金が 1g=2824円

24金が 1g=3856円  プラチナ 1g=3729円 の買取価格であった。

それぞれのグラム数をかけて計算するのであった

私の場合 155gほどの金の重量があったので 44万円になったわけである。

 

こうして見るに、金が高騰 していることが分かる。

昨日、1g=4238円(税込み小売価格)である。

2000年の金価格が 1g=1014円(年間平均小売)価格だったから

なんと10年間で、4倍以上になっているのである。

 

金製品は、銀座田中貴金属や三菱マテリアルなどで1時間ほどの待ち時間で現金化

できる。

今が売り時なのかもしれない・・・

 
| 日常 | 07:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:29 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH