<< 三越伊勢丹が夏に定休日を復活へ 他社にも広がる可能性 | main | 15万年前、ナウマンゾウが生息していた野川・武蔵野平原 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日は、一年で昼が一番長い夏至の日である
今日6月22日は、夏至。一年中で昼間が一番長い日なのです。

よりにもよって晴天。東京は30度を越える気温で、長い昼間日光に照らされ

短い夜も寝苦しいかもしれない。


futami
 

私の故郷伊勢では

夫婦岩の間から富士山と朝日が重なる夏至の本日、

「二見興玉(おきたま)神社」(伊勢市二見町)で「夏至祭」が執り行われた。

 

この日は梅雨時にもかかわらず日の出前から晴天で、ベールのような雲を

透かしながら美しい朝日が霊峰富士の左肩から現れた。

 

古来より二見浦は禊浜(みそぎはま)と呼ばれ、伊勢神宮へ参拝する人たちが

参拝前に心身を清め罪けがれを祓(はら)う場としてみそぎを行ってきた。

同神社の祓いの具は、夫婦岩の沖合約700メートルの水中に沈む「興玉神石」に

生えるアマモを使用して作られ、それを持って行うお祓いを「無垢塩祓い」といい、

みそぎの代わりになる。

この日は全国から約300人が集まり、3時30分から執り行われた夏至祭に参加した。

祭典が終わると、男性はふんどしに女性は白ばかま姿で次々と海の中に入って行った。

辺りが薄っすらと明るくなり日の出時刻の4時40分になるが、少し雲の層があるため

富士山は無理だとみんなが諦めていた。4時46分、太陽の輪郭が見え出すと、

富士の肩がシルエットで現れた。

大勢のカメラマンのシャッター音と同時に神々しい朝日が昇った。
(伊勢志摩経済新聞)
初日の出を拝みに、この二見興玉神社へ元日の寒い時行ったことがあるが、
日の出は、海からでなく山からであった。機会があれば夏至のこの景色
実際見てみたいものである。

| 日常 | 07:43 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:43 | - | - | pookmark |
コメント
今朝 早起きして二見の「夏至祭」にがんばって行ってきました!たくさんの人達が 今日のお天気に感謝しつつ 夏至の神々しい日の出に手を合わせて拝んでいました。もちろん富士山も見えましたよ!
夏至の太陽は一年で一番パワーがあるそうで、確かに私もバッチリ力強いパワーをもらって帰ってきました。
ぜひ一度 「夏至の日の出」は見に来てきてください。
| 静順 | 2011/06/22 4:56 PM |
すごい! もしかしてこの写真に写っているのですか?

夏至の日の出は4時台、早いですね。初日の出は、7時ごろだったから、3時間近く早いのですね。
冬至12月22日と比べると昼間の時間差は4時間50分あるのだそうです。今日は長い1日となりますね。
私もどこかでパワーを頂かないと枯れそうです。
| peaceman | 2011/06/22 5:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH