<< 江戸末期、東海地震、南海地震、続いて「江戸安政の大地震」が起こった | main | 江戸安政時代というのは、日本の歴史上、地獄のような年だったと思う >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東電が原子炉収拾へ工程表発表、原子炉冷温停止まで6〜9カ月と

工程表の主な内容
深刻な放射能漏れを起こしている福島第一原子力発電所について、

東京電力は4月17日、事故収束への工程表を示し、原子炉を安全な

状態で停止するのに6〜9カ月かかる、との見通しを明らかにした。

 

東電が事故の収束の見通しを示したのは初めて。

また工程表の中で、2号機の格納容器の破損や、4号機の燃料プールを

支える建屋の壁の損傷による強度不足などを認め、対策を講じる方針を示した。

 

工程表によると、

1段階(ステップ1)で、確実に原子炉を冷却し

放射性物質の放出を減少に向かわせるのに3カ月程度かかる、とした。

2段階(ステップ2)では、原子炉を100度未満の安定状態に保つ「冷温停止」にし、

放射性物質の漏出を大幅に抑えるのに3〜6カ月程度かかる、との目標を示した。

 

原子炉や建屋などの現状も明らかになった。

1〜3号機の原子炉は、異常な温度上昇を起こさない程度にしか冷やせておらず、

再び水素爆発する危険性が消えていない。

2号機は格納容器が損傷、高濃度の放射能汚染水を漏出しているとした。

大気中に放射性物質を放出している4号機の使用済み燃料プールは、

爆発や地震で強度が十分に保たれていないとの認識を示した。

 

この実態をふまえ、ステップ1では水素爆発を起こさせないため、

原子炉格納容器に窒素注入を続け、さらに格納容器内を水で満たして

安定的に冷やす。

2号機は格納容器の破損部分の周囲をセメントで固めて漏れないようにする。

ステップ2では水を循環させて原子炉を冷やす装置を稼働させ、

100度未満の冷温停止状態の保持をめざす。

4号機の燃料プールは、ステップ1で底の空間部分にコンクリート製の

支柱を造る。

ステップ2では、放水車で水を入れつつ、水を循環させる冷却装置を

復旧させる。中期的な課題として、燃料を取り出して保管することも盛り込んだ。

 

大気や海への放射性物質の漏出対策は、ステップ1で高濃度の放射能汚染水を

ためるタンクなどを確保。ステップ2で、原子炉建屋をテント状のシートで覆う

計画を示した。中期的には、原子炉建屋の周囲にコンクリートの建物を造るという。

住民にわかりやすく迅速に放射線量を知らせるシステムも拡充する。

勝俣恒久会長は「計画は100%できるというものではない。

とにかく事態を収束させるためにやれることから行い、

原子炉の冷却を達成したい」と話した。(朝日新聞社asahi.comより)

 

この原子炉収拾案について

内閣府原子力安全委員会の班目春樹委員長は18日、

「相当のバリアがある」と述べ、実施には困難が伴うとの認識を示した
ほんと、この人おかしい・・・(その理由は明日に)

 
| 原発 | 12:38 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:38 | - | - | pookmark |
コメント
ウェディングドレス
| ウェディングドレス | 2011/04/25 11:37 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH