<< 地震・津波・原発の三重苦は、福島県南相馬市だけである | main | 主人公が江戸時代にタイムスリップしたドラマ「JIN-仁―」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
NHKの牧野氏に教えていただいた浮世絵の世界

NHKの牧野様から、浮世絵の見方を教えていただき、新たな浮世絵の
世界を少し知ったなかで、
きわめつきは、鍬形恵斎(くわがた・けいさい)

「江戸鳥瞰図」だった。

当時世界一、人口百万人、大江戸の繁栄のさまを

空の上から一望した浮世絵だった。


kuwagata
 

向島の上空から西の方向を見渡す。真正面に富士山がみえる。

隅田川が右から左にゆるやかに流れ江戸湾にまで注ぐ。

手前の吾妻橋を渡るところに浅草・浅草寺、上野寛永寺

青山、赤坂、そして左に新橋、品川、遠く千葉まで描かれていた。

私の持っているデーターでは細かな地名は読み取ることは出来ないが
NHKのデーターのすごいのは、すべての文字が拡大して読めることだ。
 

見せていただいたデーターには、地名がカタカナでかかれており

観ながら写生しないとこれだけ精密な絵は書けない。

 

鳥瞰図(ちょうかんず)と名づけられているので

鳥となって空から見通した絵なのであるが

この絵 

先日、歌川国芳が描いた「東京スカイツリー」が書かれていると噂される
浮世絵を
紹介したが、実は本当に、ここに東京スカイツリーあったので

鍬形恵斎が展望台に登り描いたので

このようなすごい浮世絵がうまれたのかもしれない。

kuniyoshi 


こんな見方が浮世絵で出来るとは、NHKの牧野氏に

教えていただいたからこそである。

 
| 浮世絵 | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://peaceman.jugem.jp/trackback/2202
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH