<< 東日本大震災が青森の老舗百貨店「中三」を倒産させた | main | IAEAが飯舘村に避難勧告を日本政府に促す >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
全国にある54基の原発、すべてが10mの津波に抵抗できず電源喪失の恐れ
全国の原子力発電所が、東日本巨大地震で発生した10メートル級の

津波を想定しておらず、想定を超えた津波に襲われると

福島第一原子力発電所と同様の電源喪失に陥る恐れのあることが、

読売新聞社の調査でわかった。

大地震などの際、運転中の原子炉を安全に停止するには、炉を冷却する

装置が働く必要がある。

各原発は、通常の外部電源が止まった時のために非常用電源を備えるが、

福島第一原発では非常用ディーゼル発電機が津波で浸水し故障した。

atomic

読売新聞社が、全国の商業用原発54基について調べたところ、

津波の想定は最高でも北海道電力泊原発(泊村)の9・8メートルで、

最も低い関西電力高浜原発3、4号機(福井県高浜町)は0・74メートルだった。
 
今回の津波では、福島第一原発が想定を上回る14メートルの津波に

襲われたとみられるほか、日本原子力発電東海第二発電所(茨城県東海村)と

東北電力女川原発2号機(宮城県女川町、石巻市)も、非常用の発電機を

海水で冷やすポンプや熱交換機が水没で故障し、一部が使用不能になった。

静岡御前崎の浜岡原発は、明日からでも津波対策の工事を始める
必要があると思う。
中部電力と国は、すぐ取り掛かっていただくようお願いしたい。

| 大災害 | 07:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:52 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH