<< ボヘミアングラスは、有楽町の「ギャラリー・ド・ポエム」 | main | 奈良から伊勢、諏訪へ抜ける中央構造線上にある「分杭峠」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
本日2月3日は節分です。

「節分」は本来、季節の移り変わる時の意味で、立春・立夏・立秋・立冬の前日

指していました。

立春が1年の初めと考えられることから立春を新年と考えれば、節分は大晦日にあたり

前年の邪気を祓という意味をこめて、追儺(ついな)の行事が行われていたわけです。

その一つが「豆まき」なのです。
追儺(ついな)とは悪鬼・疫癘(えきれい)を追い払う行事のことで、平安時代、陰陽師により

宮中において大晦日盛大に行われた行事でした。

                               setsubun

何故、豆をまくのでしょうか?
陰陽五行、十干十二支という考え方が大きく関わってきます。
「鬼門」をご存知でしょうか?風水や家相などの東洋占星術でよく使われる言葉で

北東にあたる方位が鬼門とされています。
鬼門は鬼の出入りする方角でこの邪気を祓うことにより、春が無事に迎えられると

考えられていました。

ここで陰陽五行の法則の登場です。
五行とは、自然の道理を
木、火、土、金、水の五元素の事を表しており、

この「金」というのが、硬いとか、厄病という意味があり、鬼の象徴で鬼が金棒を

持っているのもこの「金」の象徴です。この「金」の作用をなくすのが、五行でいう「火」に

当ります。大豆というのは、とても硬いという事で、「金」に当ります。イコール鬼です。

これを火で煎る(火が金を溶かすという火剋金の作用)と同時に、豆まきで外や内に

この大豆がばらまかれて結局、人間が食べてしまうことにより、鬼を退治すること

になります。また、豆をまく事により、五行の「木」を助けるという事で、

節分は「春の気を助ける」から「春を呼ぶ行事」にもなるのです。

 

何時から「豆まき」がおこなわれるようになったかは、定かではありませんが

平安時代より陰陽師によって邪気祓いとして行われていた行事なのです。

 
| 日常 | 06:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 06:50 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH