<< 鎌倉での遅めの昼食は、若宮大路イタリア料理「ア・リッチョーネ」で | main | チュニジア政権崩壊ベンアリ大統領サウジに脱出 暫定大統領に下院議長 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
鎌倉・鶴岡八幡宮にお参りする
turuoka 

鎌倉「鶴岡八幡宮」

康平6年(1063)源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として

出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺に

お祀りしたのが始まりです。

その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年(1180)鎌倉に入るや

直ちに神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地にお遷しし、

建久2年(1191)には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、

鎌倉の町づくりの中心としました。

また、頼朝公は流鏑馬や相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる社頭での

神事や行事を興し、 関東の総鎮守として当宮に厚い崇敬の誠を寄せたのです。

以降、武家の精神のよりどころとなり、国家鎮護の神としての信仰は全国に

広まりました。

turuoka2

現在の御本殿は、文政11年(1828)、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による

代表的な江戸建築で、 若宮とともに国の重要文化財に指定されています。

深い杜の緑と鮮やかな御社殿の朱色が調和する境内には源頼朝公、実朝公を

お祀りする白旗神社をはじめとする境内社のほか、静御前ゆかりの舞殿が長い歴史を

伝えています。

 turuoka1

2010年3月台風により根元から折れた樹齢1000年と言われる大銀杏は、

神木として再生を始めていました。

 

しかし、由比ガ浜八幡宮や石清水八幡宮でなく鶴岡八幡宮とした

「鶴岡」はどこからでてきたのだろうか?

| 散策 | 07:05 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:05 | - | - | pookmark |
コメント
本日も香水の穴のメールマガジンを
ご覧いただきまして誠にありがとうございます?
http://www.ekopibrand.com

| コピーブランド | 2011/01/21 3:26 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH