<< 南フランス・アルル市街の見逃せない場所 | main | 本 2010年 年間ベストセラー発表 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
アルルで耳を切ったあとのゴッホは、サンレミで治療し、パリ郊外で自殺した

1889年、牧師の薦めに従い、サン・レミ・ド・プロヴァンスにある元修道院を

改装した静かで簡素なサン・ポール・ド・モゾール病院に転院。

鉄格子のはまった病室に暮らしながら、外に出ることを許されると

サン・レミの自然を眺め、「星月夜」「刈り取る人」「糸杉」「オリーブ林」

といった作品を描きながら、1年程過ごします。


この頃になるとゴッホの作品には、独特の≪うねり≫や≪よじれ≫

表れ、ゴッホのファンタジーが加わった、ミステリアスな風景が描かれる

ようになります。

 

1890年5月パリに戻り、弟 テオとその妻子と再会を果たします。

パリでは数日滞在し、35キロ北西にある静かな

田舎町オーベール・シュル・オワーズへ赴きます。

gogh7 

ここで印象派の画家と親交の深い芸術好きなガシェ医師の指導を受け、

療養生活を始めます。
ここでもゴッホは毎日休みなく取り付かれたように絵筆を取り、

「カラスの群れ飛ぶ麦畑」「オーベールの教会」「ガシェ医師の肖像」など、

70日間で60枚を超える油絵を製作します。

gogh8

1890年7月27日、ゴッホは銃で自殺を図り
2日後に亡くなります。

37歳という若さで1890年7月29日、ゴッホはこの世を去ったのです。 
| 世界の旅・フランス・プロヴァンス | 07:19 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:19 | - | - | pookmark |
コメント
バーバリーマフラーhttp://www.burberryoutlets-jp.com
バーバリーハンドバッグhttp://www.burberryoutlets.jp
バーバリー財布http://www.burberryoutlets-jp.com
バーバリー アウトレットhttp://www.burberryoutlets.jp
| バーバリーマフラー | 2011/11/08 10:18 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH