<< 松平健さんの妻 松本友里(42歳)さんが自殺 | main | アルルの街のゴッホの描いた場所を訪ねる >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
美しい街に立ち寄りながら、宿泊地のアルルに向かった
pro6 

「アルルの女」で印象深い 古都アルル。

さすがに歴史を感じます。

ホテルはまさにゴッホの「夜のカフェテラス」という黄色のカフェテラスの隣。

この店は、今も変わらず営業しており

店名はそのものずばり「CAFÉ VAN GOGH」となっている。

Cafe La Nuit」が本当のこの店の名前だが・・・
cafe

gogh 

宿泊したホテルがこの店の右側にみえる建物である。


ホテルの名は
「グラン・ドテル・ノール・ヒニュ」

 

パリの有名な写真家が経営するこのホテルは、1階のロビー、応接間に

彼の作品である写真が多くかけられていて調度品もエスニック調で素晴らしい

また、バックグランドに流れる音楽がベストマッチであった。
ここで聴いた音楽のCDを求めるため、先のマルセイユのCD店を何店か回り
手に入れ今もたまに聴いている。

16 


17
アルル Arles  

フランス南部ブシュ・デュ・ローヌ県にある観光都市。

人口5万3000(1990)。マルセイユの北西約90km、ローヌ川の形成するデルタの

頂点に位置し、その行政域(コミューヌ)はフランスの米作地として知られるカマルグ

などデルタ部分を含み、フランス最大の面積(750km2)である。

紀元前より海上・陸上交通の要衝として発達し、古代においてはローマ帝国属州の

中心であり、また4世紀以来キリスト教の重要な拠点として幾多の宗教会議が開かれ、

513年には大司教座の地位を獲得した。

10世紀アルル王国の首都となり、13世紀中葉プロバンス伯領に従属するまで独立

を守っていた。前1世紀に建造された円形競技場、野外劇場など、フランスにおける

古代ローマ時代の遺跡の最大の宝庫で、〈ガリアのローマ〉と呼ばれる。

アルルは、ゴッホが光りを求めてやってきて、耳を切った町だ。

ゴッホはここで沢山の絵を描いており、そのゆかりの地を巡るのも楽しい。

| 世界の旅・フランス・プロヴァンス | 07:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:17 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH