<< 私の普段使いの時計41 「ジラール・ペルゴー」 | main | 低価格デジタル家電のダイナコネクティブが自己破産申請へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
私の普段使いの時計42 「ユーリス・ナルダン・レクタンギュラー」
Ulysse Nardin

ユーリス・ナルダン・レクタンギュラー

やはり、50年以上前のユーリス・ナルダンの角型時計。

デザインは、アールデコを思わせる美しいカーブを描いたケースと

プレクシガラスが柔らかい印象を与えます。

手巻きのムーブメントは、今も正確に時を刻みます。

ulyuly1 

 

ユーリス・ナルダンは1846年、スイスのル・ロックルに創業。

航海に不可欠な高精度のマリ一ンクロノメーターや精密時計で世界的な

名声をいち早く確立。トレードマークの錨は、船乗りたちからの厚い信頼の証

ともいえます。また1862年にはロンドンの世界博覧会でゴールドメダルを受賞。

以来、今日までに4300におよぶ賞を受賞。その精度の高さから

100年以上にわたり、40力国以上の海軍の公式時計として採用された実績を誇ります

 

1983年、現社長のロルフ・W・シュニーダーに経営が引き継がれた後には、

"天文三部作"と呼ばれる、天文観測時計

「アストロラビウム ガリレオ ガリレイ」、

天動説と地動説を組み込んだ「プラネタリウム コペルニクス」、

北極星の上空から見た地球のどの部分に太陽が照らされているかを知る

「テリリウム ヨハネス ケプラー」を立て続けに発表。

これら三大傑作時計を手がけたユーリス・ナルダン社の天才的な時計師であり、

同時に科学者そして人類学者のルードヴィッヒ・エクスリン博士は、2001年、

さらに画期的な構造を備えた時計「フリ一ク」を発表。

その卓越した開発カと技術カをあらためて世界中に知らしめました

| 毎日時計を替えてみよう | 07:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:09 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH