<< 年収1億円以上役員、出身大学ランク1位は慶応大学 | main | 岩崎弥太郎の邸宅が、今も東京・上野にそのまま残されています >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
9月26日伊勢湾台風の日
1959年9月26日夜、一つの台風が東海地方を襲った。

伊勢湾台風だ。

「9月26日夕、紀伊半島の潮岬(和歌山県)から上陸した台風15号は、

時速75キロの超スピードで紀伊半島、近畿、北陸と本州の胴体部を

わずか約7時間で横断。

日本海に抜け、翌27日朝6時には温帯低気圧に変わりながら北海道東部へと

去った」(毎日新聞9月27日朝刊)。この足早な台風は堤防を決壊させ、

家屋をなぎ倒し、三重・愛知・岐阜の東海3県を中心に、

死者・行方不明者5098人、負傷者約3万9000人、

全半壊家屋15万棟以上という、類を見ない被害を残した。

当時の記録によると

1959年(昭和34年)9月20日にエニウェトク島付近で1008ミリバール

(当時の単位。ヘクトパスカルに同じ)の弱い熱帯低気圧(当時の用語)が発生、

西に進み、21日にはサイパン島の東を北上しながら次第に発達し、

21日21時には1002ミリバールの台風第15号となって、再び西寄りに進路を

変えて急激に発達した。

9月22日9時には996ミリバールであったものが同日15時には970ミリバール、

23日9時には905ミリバールとなり、22日9時からの24時間で91ミリバールも

気圧が降下した。

発達はさらに続き、23日15時にはアメリカ軍の気象観測飛行機により

894ミリバールが観測された。

中心付近の最大風速は75メートル(アメリカ軍の観測では90メートル)、

風速25メートル以上の暴風雨圏(暴風域に同じ)は半径300キロメートルであった。

台風第15号はその後も余り衰えることなく、9月25日昼頃まで900ミリバール前後の

猛烈な勢力を保ち、進路を北西から次第に北に転じて26日9時には潮岬の

南南西400キロメートルに達したが、その時でもなお中心気圧920ミリバール

最大風速60メートル、暴風雨圏は東側400キロメートル、西側300キロメートルという、

非常に強い超大型の台風であった


実際この伊勢湾台風が襲来したとき伊勢に住んでいた。
子供のときの記憶なので不確かなのだが、ひどい暴風雨で屋根の瓦がほとんど飛び
一部屋を除き雨漏り状態だったが夜中風雨がおさまり何分か星空がみえた
これが台風の目だと思った。今台風のコースをみると伊勢を目が通るには
離れすぎている。ではあれはなんだったのだろうか?
700kmの暴風圏を持つ台風だったので目の一部が伊勢を通ったのかもしれない
さだかではない。

| 日常 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:44 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH