<< 日本の文化で宝飾品が消えた理由 | main | 私の普段使いの時計 17、「ポール・ピコ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
宝石・宝飾品は、遣唐使の貿易にのみ使われたのです
 藤原不比等の功績に

「遣唐使」を再開したという記録がある。

今年、奈良1300年のイベントとして、奈良市が遣唐使船を造った。

 kentousi

その中国唐との取引にどの貨幣を使ったか考えると

宝飾品が消えた理由が見えてくる。

日本最初のお金「和銅開弥」では、何も買えません。

 

そうなんです、貿易の代価として大変貴重な「天然真珠」と

「翡翠の玉」、「金」、「銀」が使われたのです。

gold
 

藤原氏の強大な権力で、日本中の宝飾品が集められ、

貿易にだけ使用されたとしたら、絶対に一般の人たちに

これらのジュエリーやレアメタルは手に入らないのです。

そして、そのまま宝飾品は忘れ去られていったのです。

ほんの一部刀の柄や、簪(かんざし)の技術で残るのみ。

 

そして、明治維新に鹿鳴館の文化の中、ようやく日本の宝飾文化が

復活していったのです。

1000年以上の空白時代を経て・・・・

 

現代の日本の宝飾製造のレベルは、1000年の空白を越え完全に世界に追いつき

素晴らしい作品を作り出しているのです。

| 阿修羅 | 07:34 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:34 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH