<< 私の普段使いの時計 11、「ティファニー・ダイバー」 | main | 私の普段使いの時計 12、「ロレックス・プレシジョン」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
宝飾文化が消え去った(長い空白期間)時を持つ日本
 

日本の宝飾の歴史で、私がいつも不思議におもうことは、日本の宝飾文化が

天平、奈良時代以降、消え去ったことなのです。

平安、鎌倉、室町、江戸時代には、宝飾品が消えてしまったのです。

 

武家社会には、宝飾品がまったくないのである!

 

縄文、弥生時代には、勾玉やブレスレットや、アンクレットまで使われていたのに・・・・

実際たくさん発掘されている。
阿修羅も、素晴らしい宝飾品を身に纏っていた。

syu

これは、どうしてなのだろうか?

もしかすると、天皇家、藤原氏の権力関係にも何かあるのかもしれない。

| 阿修羅 | 07:13 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:13 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH