<< この阿修羅像がある奈良の興福寺とは? | main | 何故、阿修羅が、王女が着けるような豪華な宝飾品を身につけていたのだろうか? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
だれが、阿修羅像を生み出したのでしょうか?
asyura9 

この阿修羅像は、光明皇后が亡母橘三千代の追善のため天平6年(734年)

建立した興福寺西金堂に八部衆像の1体として安置されたのです。

材質は麻布を漆で貼り重ねた脱乾漆造である。

作者は、像造は朝鮮百済からの渡来人「将軍万福」

彩色は「秦牛養 」が色付けしたとされる。

asyura8 

そうなんです、元の阿修羅の肌の色は、朱に塗られていたのです。(まさに赤鬼)

そして、宝飾品は金色に輝いていたのです。

 

八部衆を含む興福寺西金堂諸像については、法華経序品ではなく、

金光明最勝王経所説に基づく造像だと解釈されている。

| 阿修羅 | 07:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:26 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH