<< アナハイムにゴジラ登場 まず、挨拶がわりの第1号、さすが!松井 | main | 「半分の月がのぼる空」の映画を渋谷で観てしまいました >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
さらに 仁王門をくぐり、醍醐寺「金堂」、「五重の塔」を拝観する
「霊宝館」の桜をもう少し愛でながら金堂へ

daigo 

 

中心である金堂(国宝)は豊臣秀吉の命によって、紀州(和歌山県)の湯浅から

移築されたもので、主要部は平安末期の様式を完全に残しています。

本尊の薬師如来と両脇侍は鎌倉時代の作で、いずれも重要文化財に指定

されています。
daigo1

daigo2 

国宝の五重塔は、醍醐天皇のご冥福を祈るために朱雀天皇が起工、

村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。 京都府下最古の建造物で、

内部の壁画は日本密教絵画の源流をなすものといわれています

daigo3 

醍醐天皇の菩提を弔うため、第一皇子・朱雀天皇が承平6年(936)に着工し、

第二皇子・村上天皇の天暦5年(951)に完成しました。

初層の内部には両界曼荼羅や真言八祖が描かれており、日本密教絵画の

源流をなすものといわれています。

高さは約38メートルで屋根の上の相輪は約13メートルあり、相輪が塔の

三分の一を占め、安定感を与えています。

daigo4 

この周辺を下醍醐とされ、観光客はこの下醍醐を参拝して帰る。

醍醐寺の発祥の地である上醍醐は、さらに山道を歩いて1時間以上もかかる

山上にあるのです。

| 日本を旅する | 07:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:59 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH