<< そごう呉店社員、認知症女性に7000万円分売りつけ | main | みなさんに京都 醍醐寺 「特別花見の宴」をお贈りいたします >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
美しい桜の咲く時期になりました、昨年訪ねた醍醐寺の桜が忘れられない

daigo1
醍醐の花見
(だいごのはなみ)とは、

慶長3年3月15日(1598年4月20日)に豊臣秀吉が京都の醍醐寺において、

豊臣秀頼、北政所、淀殿ら近親の者を初めとして、諸大名からその配下の者など

1300名を従えて盛大に催した花見の宴である。

その日の輿の順も記録に残されており、

一番目に北政所、二番目に淀殿、三番目に松の丸殿、四番目に三の丸殿、

五番目に加賀殿、その後に側室ではないものの長くつき合いのある

まつ(前田利家正室)が続いた。

宴会の席では、正室である北政所の次に杯を受けるのを淀殿と松の丸殿が争い、

まつがその場をうまく取りおさめたという話が伝わっている。

この花見で詠まれた和歌の短冊は今も三宝院に保管されている。

 

応仁・文明の乱のあと荒れ果てていた醍醐寺を復興した中興の祖、

80代座主である義演准后は、豊臣秀吉の帰依を得て良好な関係を築いていたが、

秀吉の最期が近いことを感じ取り、一代の華美な英雄の最後にふさわしい大舞台を

しつらえるために、あちこちに手配をしてこの醍醐の花見を催させたともいう。

秀吉はこの約半年後に没する。

醍醐寺では、現在でもこれにちなんで毎年4月の第2日曜日に

「豊太閤花見行列」を催している。

daigo 

当時は4月20日に桜が満開だったのであろう。

温暖化のため毎年桜の時期が早くなってきているようだ

今日から数日ご紹介する写真は、私が昨年4月4日に撮影したものである。

 
| 散策 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:49 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH