<< また、昭和の名調子司会者が亡くなってしまった。 | main | 旅の記念に民芸を「インドネシア・バリ島供 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
旅の記念に民芸を「インドネシア・バリ島」

バリ島のことを少し書いてみよう

一時期バリの魅力にとりつかれ何度か訪ねた。

5度目の頃だったと思うが、バリの北部、チャンディダサの

アマングループが経営するamankilaアマンキラ」に宿泊した。

サンスクリット語で「やすらぎの丘」を意味する「アマンキラ」は

チャンディダサ近くのマンギスにある。

果物のマンゴスチンの語源となった村は、緑濃い山が海岸まで迫る。

斜面に点在する35のコテージは、水の宮殿ティルタガンガから

インスピレーションを受け造られた。

bali1 bali4

風に揺れる椰子の葉、波の音を聞きながらまどろむ午後は

なにものにも代えられない。

 

ここには、特別のコースがある。

ランチを山の上のコテージで取ることができるのである。

500mほどの展望コテージで絶景をみながら昼食をいただける。

 bali7bali6

ホテルの専用4駆に乗り頂上近くのコテージまで

帰りにTengananトゥンナガンに立ち寄ってくれた。

ここは、バリアガの村、バイアガとは、バリ島の先住民で、日本のアイヌのように

伝統を守る民族の村なのだ。

 

聖なる山アグン山と海を結ぶ直線上に長方形の敷地をとり、塀でぐるりと囲む。

ここで共同で生活を行っている。

入り口の門で心づけをして中にはいる。

イカット織りや、占い、木彫りなど伝統の工芸で彼らは生計をたてている。

特に「グリンシン」はここだけの技術かもしれない。

縦糸、横糸ともに複雑な模様を染め抜いて織り上げるダブルイカットは

世界的にも貴重なテクニックである。

90cmの細いスカーフを織るのに9ヶ月という当然高価すぎる。

これは、観るだけにして写真の彼女が織ったイカットを買い求め

家の壁に掛けて楽しんでいる。
balibali8

このトゥンガナンは、カゴの名産地でもある。
門から出たところに多くのカゴの工場があり、天日で乾かしていた。

| 旅の記念品 | 12:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 12:07 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH