<< 今年の漢字は「新」 清水寺で揮毫 | main | フランス最古のクリスマス市の店が東京に >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
東洋一の海上王、三菱の祖「岩崎弥太郎」
天保5年(1834)、父弥次郎、母美和の長男として井ノ口村に産声をあげた弥太郎は、

14歳で十三代藩主に漢詩を献じ、書を講じて褒美をもらう程の秀才でした。
 安政元年(1854)、江戸遊学前に、近くの妙見山の星神社に参拝した弥太郎は、

扉に「後日 英名ヲ天下ニ轟カサザレバ 再ビ帰リテ此ノ山ニ登ラジ」と大書。

大きな志と強い意志を胸に、江戸の安積艮斉に入門しました。
 しかし翌年、酒席の喧嘩がもとで父親が投獄されたのをきっかけに、帰省。

あまりに激しい免罪の訴えが奉行所の怒りを買い、やがては彼自身も

獄中の人となります。

安芸郡を追放された彼は吉田東洋と出会い、それを機にあらたに飛躍の道を

拓いたのでした。

 その後、東洋の後を受け継いだ後藤象二郎の下で、弥太郎は次々に才覚を発揮し、

長崎に設立した土佐商会で腕をふるった後、明治6年(1873)三菱商会を設立。

以前に長崎で坂本龍馬から得た示唆により海運業に着眼します。

そして、幕末から続く諸外国の汽船会社などとの激しい戦いを制し、

"東洋の海上王"と異名をとるようになりました。

 明治18年、享年52歳。疾風のごとく世界を駆け巡った異才、岩崎弥太郎は

生涯を閉じますが、死の床で「東洋の男児」と叫んだという熱き志は、弟、弥之助に

しっかりと受け継がれ、鉱山、造船、不動産、金融へと拡大し、世界に名だたる現在

の三菱グループへと発展してゆきました。

 

岩崎家は、俗に三井、住友とともに三大財閥家系であるが、

三井、住友が三百年以上の歴史を持つ旧家なのに対して、

三菱は、岩崎弥太郎が明治期の動乱に便乗し政商として、巨万の利益を得て

その礎を築いたという違いがあります。
wakan1
旧岩崎邸の和館廊下の天井に残されている「船造り」は、船舶で基礎を作った
岩崎家の家訓でもあったようです。

| 岩崎弥太郎・三菱 | 07:21 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:21 | - | - | pookmark |
コメント
バーバリーマフラーhttp://www.burberryoutlets-jp.com
バーバリーハンドバッグhttp://www.burberryoutlets.jp
バーバリー財布http://www.burberryoutlets-jp.com
バーバリー アウトレットhttp://www.burberryoutlets.jp
| バーバリーハンドバッグ | 2011/11/08 10:20 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH