<< 松屋銀座で「キューピー展」−1912年製のレアキューピーなど一堂に | main | 旧岩崎邸の庭園 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
旧岩崎邸の撞球室(ビリヤード場)
iwasaki5
 

コンドル設計の撞球室(ビリヤード場)は、洋館から少し離れた位置に別棟として建つ。

 biri

ジャコビアン様式の洋館とは異なり、当時の日本では非常に珍しい

スイスの山小屋風の造りとなっている。

 

遠くから見たとき、馬小屋なのか?と思った。

なんとビリヤード場。1800年代に日本でビリヤードとは、相当モダンだ。

全体は木造建築で、校倉造り風の壁、刻みの入った柱、軒を深く差し出した大屋根など、

木造ゴシックの流れを組むデザインである。洋館から地下道でつながっている。
| 岩崎弥太郎・三菱 | 07:42 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:42 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH