<< ダ・ヴィンチ・コードの舞台「サン・シェルピス教会」へ | main | 近代絵画の集大成「オルセー美術館」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
モンパルナス「ラ・ロトンド」で、モディリアーニを思う

メトロに乗りモンパルナスに向かう

メトロを上がるとそこにも有名なカフェがある

mon 

エコール・ド・パリの芸術の発祥の地モンパルナス

ここにはシャガール(Marc Chagall)が住んでおり、レジェ(Fernand Léger)、

ルソー、マティス(Henri Matisse)、キスリング(Moïse Kisling)、

ブランクーシ(Constantin Brancusi)、ザッキン(Ossip Zadkine)、そして前出の3人も出入りしていました。

 

この頃、モンパルナスの中心はヴァヴァンの交差点でした。

付近には有名ないくつかのカフェがありましたが、画家たちのひいきは

「ラ・ロトンド(LA ROTONDE)」だった。

1911年からこの地にあり、その賑わいはアポリネールが

「ひと昔前のモンマルトルのようだ」と形容したほどでした。

ここではモディリアーニが客の似顔絵を

描き、スーチンがフランス語を学ぶためにカフェ・クレームを飲みながらフランス人との

会話に精を出していました。

また、藤田嗣治がある日赤い上着に首飾りで現れた、とカフェの記録は伝えています。

この他にもピカソやシャガールなど、エコール・ド・パリのほとんどがこのカフェを

利用したのでした。

mon1 

また1927年に誕生した「ラ・クーポール(LA COUPOLE)」はアール・デコの装飾で有名ですが、

32人のアーティストが内装に参加したそうです。

私も2度目にパリに来た時、このクーポールで食べた「生牡蠣」とダイナミックなデザートは、

今も忘れられません。藤田嗣治もこの店の常連だったと聞いています。

伊勢の実家に1点だけ藤田の絵があったことを思い出した。

 
| 世界の旅・パリ | 07:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:33 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH