<< 南洋真珠は、オーストラリア・ダーウィンから世界中に | main | アボリジニのマジカルパワー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
誤報 震度5弱予測も揺れなし=緊急地震速報

けさ早朝に携帯電話の緊急地震速報で起こされた。

昨日は、間違い電話で起こされ2日続きでさんざんである。


気象庁は25日午前6時37分ごろ、千葉県と茨城県で最大震度5弱の強い揺れが

予測されるとする緊急地震速報を発表したが、

実際には各地で震度1以上の地震は観測されなかった。
 同庁によると、千葉県東方沖で同時刻ごろ、震源の深さ約20キロ、

地震の規模(マグニチュード)4.1と推定される地震が発生した。

南房総市の地震計は速報に利用した4カ所の一つで、25マイクロメートルの揺れ幅を

観測したが、同庁の速報システムに送られたデータは21倍の525マイクロメートル
だった

地震計の観測機能は正常とみられるが、同庁は速報への利用を停止し、データが過大に

送信された原因を調べている

 同庁は千葉県北東部と茨城県南部で最大震度5弱が予測されるとし、両県のほか、

東京23区、神奈川、埼玉両県に緊急地震速報を発表したが、実際には体で感じる程度の

揺れは観測されなかった。


 
緊急地震速報は地震発生直後に震源近くの地震計の観測データを解析し、

最大震度5弱以上が予測される場合に震度4以上の予測地域名などを発表する。

今回は千葉県北東部と茨城県南部で最大震度5弱以上、両県の他地域と東京23区、

神奈川県東部、埼玉県南部で震度4以上と予測した。

 緊急地震速報を受けて、首都圏の地下鉄や私鉄の一部では、一時運転を

見合わせるなどの影響が出た。

 

まあ誤報でよかったが、誤報がつづきと狼少年で、実際の大地震で身体が対応できなくなる。

命にかかわることであるから

 

気象庁さん頼みますヨ・・・・・・

 
| 日常 | 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 08:22 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH