<< たぶん本日、新城さんと別府さんはコルマールに宿泊すると思います | main | コルマールの「頭の家」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
今日「漫画の日」後世に伝えたい漫画、1位はバスケット『SLAM DUNK』
 

 本日7月17日は、1841年にイギリスの漫画週刊誌『パンチ』が創刊された

ことに由来する“漫画の日”。

 

漫画の文化は古く、数え切れないほどの名作が日本にも存在するが、誰だって

1冊くらいは「自分の子供や、次の世代の子供たちにも読んでほしい!」というほど、

思い入れの強い作品を持っていることだろう。

そこで、オリコンでは『後世に伝えたい漫画』をテーマに、

「漫画に興味がある」10〜30代の男女にアンケート調査を実施。

その結果、バスケットボール漫画の金字塔である、

井上雄彦の【SLAM DUNK】が1位に選ばれた
dunk
 
 1位の【SLAM DUNK】は、高校バスケットボールを題材にした青春漫画。

ギャグ要素も盛り込みながら“仲間の大切さ”や“夢に向かって突き進む姿”など、

同作を“人生のバイブル”と位置づける人が多かった。

 続く2位は、モンキー・D・ルフィ率いる麦わら海賊団が“ひとつなぎの

大秘宝(ワンピース)”を探し大海原を航海する、尾田栄一郎の【ONE PIECE】。


 3位にランクインしたのは、鳥山明の【ドラゴンボール】。

友情や信念、躍動感のあるバトルシーンを事細かに描く同作には「当時、幼いながら

に何度も心を打たれた」(神奈川県/10代/男性)


 ランキング結果や寄せられたコメントをみると、ただ単に面白いというだけでは

なく“人間として大切なモノ”を学べる作品がより高い支持を集めていることがわかった。

まさにこの要素こそが「後世に語り継いでいきたい!」と感じる最大の理由
なのかもしれない。

 

フジテレビ 新月9ドラマ「ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー」が7月13日始まった。

これは、日本のプロバスケットボールの選手を主人公にしたドラマで、出演者はスゴイ!

きっとヒットしてバスケットボールが注目されるであろう。

 

出演:山下智久、北川景子、相武紗季、貫地谷しほり、永井大、真矢みき、伊藤英明など

 

今日、20時に「日本プロバスケットリーグ(bjリーグ)」のリーグディレクター阿部さんと
片貝さん
に会う予定である。いい話ができるといい・・・

| 日常 | 19:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 19:14 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH