<< 日本ではお花見だけどイタリアでは、地震で大きな被害が | main | 直江兼続と上杉景勝の故郷 南魚沼を訪ねるNo1「雪景色」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
新車買い替えに1台最大25万円の奨励金…追加景気対策
car1 

政府筋によると、13年以上経過した自動車を廃車にして、新車に買い替える際に
1台あたり
最大25万円の奨励金を出す。

古い車の買い替えでない場合でも、低燃費車の新車購入費用を1台あたり最大10万円補助する。

財政支出は3700億円規模に上る見通しだ。

 

 具体的には、購入後13年以上経過した自動車を廃車して、新車を買う場合には、

普通・小型車で1台あたり25万円、軽自動車は12・5万円の奨励金を出す。

 また、購入後13年に満たなくても、2010年度の燃費目標基準を15%以上達成した車を

購入する場合、普通・小型車で1台あたり10万円、軽自動車は5万円を補助する。

 

これらの補助金の対象は総計で70万台規模となる見込み。

1月下旬からスクラップインセンティブを導入したドイツのように、日本も新車販売が一時的に

大きく伸びることになろう。

 

環境対応車の補助金対象は「燃費15%以上」達成車

 

環境対応車への買い替え補助金では、乗用車の場合、2010年燃費基準を15%上回る車が

支給対象となることが固まった。
こうした燃費性能とともに、排出ガス性能では
2005年排出ガス基準値に対し「75%低減」の

4つ星(☆☆☆☆)認定も条件となる。
car
4月から始まった自動車取得税と自動車重量税の減免措置で50%の減税が適用されている

車両以上の低燃費・低排出ガス車ということになる。

乗用車の場合、半数程度のモデルが買い替え補助金の対象となる見通しだ。


25万円の補助金と取得税・自動車重量税の減免のメリットを考えると 

私の愛車クラウン・ロイヤル・サルーンも、いよいよハイブリッドに
買い替えのタイミングなのかな・・・・

| ニュース | 07:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:08 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH