<< 今年の漢字は「変」=オバマ氏当選…−「変革への願望」と貫主・京都清水寺 | main | お昼のジャズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
個人消費を喚起できるか ブランド品値下げ!
 

年末商戦が本格化する中、ルイ・ヴィトンなど海外の高級ブランド店や

大手百貨店が高級品を値下げしている。

景気悪化による個人消費の不振が続いており、低価格作戦で消費を

呼び起こす狙い。

 

 三越は日本橋本店を中心に、同じブランドの通常商品より

1〜2割安い女性用ジャケットやニットなどの品ぞろえを十二月中旬から増やす。


高島屋も通常より2〜3割安い紳士、婦人服を拡充させ、大丸も一般商品より

2割程度安い自主企画品の中でも、さらに安かったり、品質を向上させたりした

衣料品を増やす。


 百貨店の十一月売上高(速報)は、冬物衣料が不調だったことが響き、

松坂屋が前年同月比で約17%減となるなど苦戦。

年明けすぐに冬物セールを控えており「今月中旬になればセール待ちになってしまう」

(百貨店関係者)と危機感が強い。


 海外高級ブランドでも円高ユーロ安を支援材料に、
ルイ・ヴィトンがバッグや
装飾品など大半の商品価格を平均7%値下げ、
クリスチャン・ディオールもバッグなどを
平均8%それぞれ値下げした。

イタリアのサルヴァトーレ・フェラガモも女性靴を平均14・6%引き下げ低迷する

販売をてこ入れする。


ただ流通関係者は「消費者の生活防衛意識が高まっており、

購入拡大につながるかどうかは分からない」との慎重な見方を示している。

| ビジネス | 07:56 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 07:56 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH