3泊5日でマカオ・香港をせめる!(将掘忘能回
この日夜中の1時半香港発で羽田に6時半ごろ到着のJALである。
マカオから直接香港空港へ行くターボジェットに乗ることにしている。
香港にもどらなくていいし、マカオのフェリーターミナルでJALのチェックイン
もできて、荷物もマカオから羽田までスルーなので楽である。
ただし、本数が少ないため、最終が、20:15マカオ発で21:00香港空港着と
出発まで時間がありすぎる。まあ食事でもして、買い物をしていればいいか・・
ヴェネチアン・マカオ・リゾートホテルを6時までの
レイトチェックアウトに交渉し(無料で延長できた)
6時すぎにフェリー乗り場に行き、JALのチェックインを済ませた。
時間があるので再度マンダリン・オリエンタル・マカオに行く。
近いので、ぎりぎりまでここで過ごすことにした。
macao47
街の中なのにホテルのプールもいい雰囲気である。
夕食は、やはり「カフェ・ベラ・ヴィスタ」でお腹にやさしい野菜カレーと果物にした。
ゆったりホテルですごし、フェリーターミナルへ行く。
macao48
マカオ→香港空港までのターボジェットは、飛行機に乗る人のみの限定なので
意外と空いている。
50分ぐらいで着くのだが、フェリー乗り降り場が空港建物の端の方なので、
バスに乗り換え滑走路をみながら空港まで10分ぐらい走る。
着いたところでパスポートチェックしてようやく空港建物にはいれる。
かなり余裕をもった時間で行かないとイライラすることになろう。

しかし、いったん香港に戻り、エアポートシャトルに乗って空港にいくことを
考えれば、時間・経費ともに節約できる。マカオ→香港空港 235H$(3500円)
香港国際空港での待ち時間が長いのが問題であるが、昼に香港到着、最終日は19時ごろまで自由に過ごせる。けっこう楽しめた旅であった。マカオまだまだ観る所が残っているのでまた来たい・・・こんな気持ちで帰れるのが一番である。

台湾経由でマカオ空港に直接入るという手がある。
現在日本から直接マカオ空港にはいる便はないが、台湾のキャリア、
エバー航空であれば、
台北経由でマカオへ直接入れる。(しかし台湾を経由しなければならない)
台湾を楽しみ、マカオを楽しむのであれば最適であろう。
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:07 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(将供
今回予定した世界遺産を巡る、22ヶ所は達成した
今まで、世界遺産は京都で何ヶ所かを訪ねただけで、これほどの規模で
観たことがなかった。幸せである。
東方基金会会址のそばでタクシーを拾い、
マンダリン・オリエンタル・マカオに向かう。
macao45
マンダリン・オリエンタル・ホテルの2階にめざすレストランがある。
沢木耕太郎著の「深夜特急」1―香港・マカオ− の中に、
マカオのホテル・ベラ・ヴィスタに宿泊したくだりがあるが、
その面影をそのまま再現したCafé 
「カフェ・ベラ・ヴィスタ」にて食事とスイーツを味わった。
シンガポールのラッフルズ・ホテルのような雰囲気をもつレストランで
私たちのお気に入りの店になった。
macao46

このマンダリン・オリエンタル・ホテルは、木を贅沢に使い、落ち着いた
雰囲気のあるロビーをもち
規模も大きすぎずなかなかいい。
このホテルに宿泊したほうがよかったと感じた。
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(将機
セナド広場はオリンピック中だったため大スクリーンが設置され人が集まっていた。
macao35
No.14、三街会館、No.15、仁慈堂(Holy House of Mercy)をとばし

macao44 macao37
カテドラルへ No.16、大堂  No.17、大堂前地を観る

No.18、盧家屋敷(Lou Kau Mansion)
macao38macao39
No.19、聖ドミニコ教会(St.Dominic's Church)。No.20、前地

macao40
最も有名なNo.21、聖ポール天主堂(大聖堂)跡(Ruins of St.Pauls)
No.22、耶蘇会紀念広場
No.23、ナーチャ廟(Na Tcha Temple)。No.24、旧城壁(Section of the Old City Walls)
No.25、大砲台をとばし

macao41
No.26、聖アントニオ教会(St. Anthony's Church)No.27、カモンエス広場

macao42
No.28、東方基金会会址 カーサ庭園(Casa Garden)

macao43モリソン教会この裏手が
No.29、新教徒墓地(Protestant Cemetery)

No.30、東望洋砲台 ギア要塞及び灯台は、ここから離れているので今回は
訪ねなかったが、こんど来た時にはぜひ、登ってみるつもりである。
幾つか世界遺産を見ないで進んできたので次回には、それをカバーしたいという
目的もできた。

以上、2日間にわたり、世界遺産巡りを行った。
日本では中尊寺が世界遺産に認定されなかったが、マカオでは、なぜこれが世界遺産???
と思うような遺跡もあった。
また、あらためて日本とマカオ(というかポルトガル)の関係深さにも驚かされた。
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:05 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(勝
マカオ・セナド広場にもどり、
「民政総署大楼」(Leal Senado Building)の内部にはいり、
ポルトガルのイメージを探す
入ってすぐの階段に濃い藍色のタイルが目に入る。
美しいアズール(青) これだ!
macao29
1600年代のアズレージョ・タイルが無造作に張られている。
2階に上がると、美しい中庭になっている。
macao30
詩人ルイス・デ・カモンエスの胸像がある。
ここには、図書館が併設されており、17世紀から1950年までに
収集された3万冊にもおよぶ蔵書があるとのことであったが、
行った時間がまだ9時だったので中をのぞくことができなかった。

やはり壁に残るのはマカオ最古のアズレージョ。
macao31
アズレージョとは?
ポルトガル風 絵タイルのことです

この建物の外観の時代ごとに変遷をアズレージョに描いている。
macao32macao33macao34
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(宗
翌朝、マカオ名物の「エッグタルト」を食べようと思い立ち、9時にホテルを出る。
タクシーでセナド広場に向かう。
macao25
蓮の花をイメージしたリスボア・ホテルの横を通り、マカオ中心地「セナド広場」に
ここから歩いて5分ぐらいの横道にめざす「エッグタルト」の名店
「Café e Nata」があった。
macao26
マカオのEgg Tartはもともと、英国人故アンデリュー・W・ストウ氏が
「ロード・ストウズ・ベーカリー」を開店させた。今は妹のアイリーンが引き継ぐ。
「カフェ・ナタ」は、アンドリューの元妻であったマーガレットさんの店である。
macao27
1個7H$(105円)。隣の席の中国人おじさん2人(40歳ぐらい)は、皿に
10個ぐらい重ねてもってきて食べていました。おそるべし・・・
macao28
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(次
そして、めざすNo.12、「民政総署大楼」(Leal Senado Building)と
マカオの中心 No.13、セナド広場・議事亭前地
macao20
ここですこし、水の補給である。
牛乳プリン、卵プリンで有名な「義順牛乳公司」にはいり
食べてみる。
macao21macao22
16H$240円マカオにしては結構高いのだが店内は超満員
まろやかでなかなかおいしい。
私自身牛乳があまり好きではないのだが美味しくいただける。

このまま、世界遺産は休憩して、古い商店街を探索してみる。
昔のままの町並みの残る「十月初五日街」を歩く。
macao23
macao24
40年ぐらい前の新宿や秋葉原のような雰囲気が、今もそのままである。

暑いのでホテルに帰るかと空タクシーを待ったがまったくこない。
しょうがないので聖ポール天主堂まで歩いてしまった。到着したとたん
タクシーから客が降りたのを見つけすぐ飛び乗った。
この日はタクシーから、聖ポール天主堂を撮影しただけ・・・
タクシーでヴェネチアン・ホテルまで戻る。500円ぐらいであった。
| 世界の旅・香港、マカオ | 11:19 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(察
マカオの観光のポイント
世界遺産を訪ねる
世田谷区の半分ぐらいのスペースに世界遺産が何と30もあるのです。
2005年に22の歴史的建造物と8つの広場が「マカオ歴史市街地」
としてユネスコ登録された世界遺産になったのである。
macao12
何度か来たが歴史遺跡は「聖ポール天主堂跡」を観ただけであったので、
今回は出来るだけ廻ってみようと思っている。
旅の指南書は、7月15日号の「BRUTUS」の
「土 日 月 マカオ」である。
macao13
まずは、ポルトガル人が最初に到着した地で、マカオの名前の発祥ともなったお寺
マカオ世界遺産No.1 媽閣廟(マーコウミュ Temple)とその横の
No.2 薔薇広場。
macao14
天気がよすぎてやたら暑い、今回もモナコの隣町マントンの街で買った「パナマ帽」が大活躍だった。(日本ではかぶることもないが、今まで10カ国近くをいっしょに旅した)
裏道の坂を登っていくと No.3、港務局大楼(Moorish Barracks)がある。
macao15
そのそばにNo.4 リラウ広場(Lilau Square)No.5 盧家屋敷(Lou Kau Mansion)
があったのだがここは飛ばしてしまった。
No.6 聖ローレンス教会(St.Lawrence's Church)マカオ最古の教会のひとつ。
外観はシンプルだが中の壮麗さはマカオ1番。
macao16
No.7 聖ヨセフ修道院
No.8、尚頂前地・聖オーガスティン広場
No.9 尚頂劇場・ドン・ペドロ5世劇場(Dom Pedro V Theatre)
下の写真・東洋でもっとも古い男性社交クラブ。マカオ版オペラハウス
macao17
No.10 ロバート・ホー・トン図書館(St.Robert Ho Tung Library)
No.11 聖オーガスティン教会(St.Augustine's Church)
と続けさまに廻った。写真でみての通り天気は快晴、熱帯の日差しが暑い!!
もう少し歴史を勉強していたら、それぞれの建物の意味合いが、わかり面白いのに
と思い反省。
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!(此
ヴェネチアン・マカオ・リゾート
macao7
  ロビーからカジノに向かうエントランスホール
macao8macao9
部屋は全室スイート、キングサイズベットにリビングルーム付き。段がついているので
ベットルームとリビングが独立して使える。

macao10
窓からの景色、これは左側、右側には蓮が浮ぶ大きな池が望める。

ホテルの部屋はさすがに広い(70屐法
テレビも大型が2台備え付けられ、インターネットのLANケーブルもある。

ホテルは1階が超大型のカジノ。スロットだけで6000台ある。
バカラが 800台だそうだ。何万人が一度にできるのだろうか?
今までモナコのカジノや、オーストラリアのカジノ、スイス・フランス国境のカジノなど
多くのカジノに行ったがこの大きさは、すごすぎる。
休日以外でもこんなに客がいるのだろうか???
macao11
天井が高いので3階にあたる上の階が、ショッピングモール(300店舗以上か)と
レストランそして、劇場さらに、運河が2ヶ所造られ、ベニスのゴンドラが浮かべられ
乗船することも出来る(有料)。
この日は日曜だったので、来場客が異常に多いため、ホテル内を歩くのは
翌日にするつもり、また、カジノをする気がないので、さっそく旧市街へ
くりだすことにした。

街に出るためにフロント近くのタクシー乗り場に行った。
また、すごい行列なのだ・・・・・
20分ぐらいかかりようやくタクシー乗車。
タクシーは香港同様安いので気にしないで乗れるがこの混みかたは?
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
マカオの変貌に驚く 3泊5日でマカオ・香港をせめる!(后
マカオがどのように変わったか

まず、全体が大きくなった!!
もともとマカオの旧市街地は、マカオ半島にあり、タイパ島とコロアン島
の3地区が離れていた。
macao18
macao19
前に訪ねたマカオを上の図のマカオ半島のみであった。
それが今や、半島2つの島+埋立地<一大リゾート完成>になったのである。
macao4
これを半島と島を結ぶ3本の大橋を造り、繋げた。
そして、昨年タイパ島とコロアン島の間を埋め立て
新に「コタイ」と呼ぶ一大リゾート地区を生み出したのである。
macao5
このコタイ地区にザ・ヴェネチアン・マカオ・リゾート・ホテルが昨年8月オープンし、
さらに、フォーシーズン・ホテルやもういくつかのホテルもここにオープンする。
すなわち、新たなリゾート地が作り出されたのだ。
しかも中心地から車で10分前後でいける距離に

これによりタイパ+コタイ+コロアンが1つの大きな島になった。

退廃的なカジノの街のイメージではなく、ラスベガスを超える華やかなカジノの街
事実カジノの売上は、一昨年ラスベガスを超え、世界一となっている。
macao6
加えてヴェネチアン・リゾートホテルのようなミニ・ディズニーランド的要素を持つ
家族でも楽しめるリゾートが出来たこと。
それとはまったく逆に、古いポルトガルの歴史を残す市街地がそのまま保存され
30もの「世界遺産」が集中している。
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:51 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
3泊5日でマカオ・香港をせめる!香港からマカオに移動(検
翌朝は、隣のアイランド・シャングリラ・ホテル2階の「Café TOO」で朝食を取る。
hk12hk14hk15
納豆もありました。

10時にチェックアウトして、マカオ・フェリーターミナルへタクシーで向かう。
11時のターボジェットのチケットが買えた138H$。
1時間弱でマカオに着く。
macao1
8年ぶりのマカオ楽しみである。友人のはなしでは、変貌ぶりはすごいそうだ。
初めてマカオを訪れたのは、25年前であった。それから4度目になる。
前回の印象は小さな街で、船の上のカジノとリスボアでのカジノ
ボウサダ・サンチャゴ・ホテルでポルトガル料理を食べた印象しかない。

macao2
マカオ到着、イミグレーションが大混雑。考えてみるとこの日は日曜だった。
40分ぐらいイミグレにかかり、やっと出る。タクシー乗り場がわからない。
ヴェネチアン・リゾートのシャトルがあると案内され乗り場に行くと大行列。
200人ぐらい待っている。宿泊者は別扱いしてくれればと思うが・・・
とにかくディズニーランドの感覚なのかもしれない。
しかしシャトレバスは、ホテルバス以外のバスも総動員しているので思いのほか早く乗れた。

到着すると今度はフロントも混んでいる。
全室スイートで3000室もあるのだそうだ。桁違いの大きなホテルである。
macao3
そうそう、マカオの通貨はパタカPtであるが、香港ドルがまったく同率で使えるので
香港ドルがあれば両替の必要なし。(というより換えると残った場合円にもどせない。)
| 世界の旅・香港、マカオ | 07:53 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

  • NHK「ひよっこ」に押阪忍さん出演
    peaceman (09/03)
  • NHK「ひよっこ」に押阪忍さん出演
    濱田 俊人 (08/24)
  • 3年前亡くなった大原麗子さんのドラマSP「大原麗子・炎のように」が秋に放映される
    iphone7ケース (07/14)
  • 原節子さんは1964年狛江から姉夫婦の住む鎌倉へ移り住みました
    菊千代 (06/13)
  • マレーシア最大の時計・宝飾フェアでブルー・マジェスティ・トゥールビヨンが最高賞
    工藤&#38451;子 (06/06)
  • 私の普段使いの時計 8、「ジャガー・ルクルト」
    杉本 幸江 (05/03)
  • 3年前亡くなった大原麗子さんのドラマSP「大原麗子・炎のように」が秋に放映される
    buytowe専売店 (04/11)
  • 3年前亡くなった大原麗子さんのドラマSP「大原麗子・炎のように」が秋に放映される
    buytowe専売店 (04/11)
  • 3年前亡くなった大原麗子さんのドラマSP「大原麗子・炎のように」が秋に放映される
    af (04/03)
  • 渡瀬恒彦さんを偲んで映画「時代屋の女房」を観る
    濱田 俊人 (03/28)

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH