ジャマイカでは、バナナ・ボートに乗り、川を下ってみた

jama3

太い竹を編んだイカダで、バナナをいっぱい載せて川を下っていった。

イカダの前方で、船頭が船をあやっていく。

残念なことに風上に船頭がいるため彼の体臭が強く乗り心地が悪かった。

 

「バナナ・ボート・ソング」

1957年にニューヨーク出身の黒人歌手ハリー・ベラフォンテが唄い

アメリカ合衆国でヒットしたものである。

バナナ・ボート・ソング (Banana Boat Song) 、またはデイ・オー (Day-O) は、

ジャマイカの民謡であるメントの労働歌である。

メントとは、ジャマイカにおいて、スカやレゲエ以前にあったフォーク音楽の一形態)


hari
 

この曲はしばしばメントではなくカリプソであると説明されるが、これは1957年当時

のアメリカ合衆国ではメントの知名度が低く、より有名なジャンルであるカリプソとして

売り出されたからである。

出だしに、Day-o, day-ay-ay-o (デイ・オー・エイ・エイ・エイ・オー)と叫ぶ部分が

あるほか、「もうじき日が昇る。オイラはつらい仕事を終えて家に帰りたいんだ。

tally man(伝票をつける人)さん、バナナを数えてくれ…」という内容の歌詞が

繰り返される。

オリジナルは、バナナを積み出す港で荷役に従事していた人たちの労働歌である。

日本では、浜村美智子が唄い、一世を風靡するヒット作となった

 

また、ハリー・ベラフォンテの歌には、「さらばジャマイカ」もあるが、ニューヨーク出身の

ハリー・ベラフォンテが、ジャマイカ系の黒人であるがゆえジャマイカを懐かしんだのか・・・

jama6 
| 世界の旅・ジャマイカ | 07:31 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH