スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
チェンマイの寺院巡りNo3

ハリプンチャイ王国の王女「チャーマ・ティウィー」は、

クメールのドヴァーラヴァティ王国の王女だった。

大変な美女であり、国民に慕われていた。

wat7

 

その王女が8世紀に創建した重要な寺院が

「ワット・チャーマ・ティウィー」である。

日本の平安京時代以前のことである。

wat7

 

ここにあるチェディが、チェンマイにある

「ワット・チェディ・リアム」の元となった仏塔だ。

多層式四角錐の表面に60体の仏像が納められた

高さ21mの古い石造仏塔が目を惹く。

8世紀の建立当時は金色の装飾で覆われていたそうだが、

現在は煉瓦むきだしである。

wat6

 

チャーマ・ティウィーは、この仏塔を建てたハリプンチャイ王国の

初代女王の名前である。

台座には彼女の遺骨が納めらえている。

| 世界の旅・タイ | 10:25 | comments(0) | - | pookmark |
チェンマイの寺院巡りNo2

今日は、チェンマイ建国以前、8世紀頃に栄えたモン族の

都市国家(ムアン)のハリプンチャイ王国があった「ランプーン」を訪ずれた。

チェンマイの仏教、芸術、文化の元は、ここハリプンチャイ王国だったかもしれない

wat5

 

チェンマイから南に25kmほど離れた街である。オートバイで小一時間、

ここにも立派な寺院が残されていた。

モン族は言語的にはクメールに属する種族である。

中央高原ではアンコール王朝の支配下でロッブリーにドヴァーラヴァティ王国を

作っていた。

その王女チャーマ・ティウィーをランプーンに迎え「ハリプンチャイ王国」を設立した。

即ちこの王国はチェンマイのランナータイ王国以前の都市国家だった。

wat4

この街に、1044年創建の「ワット・プラタート・ハリプンチャイ」が残る。

ワット・プラタート・ドイ・ステープに似た黄金のチェディは、

高さ46m。20m四方の台座に載っており、

その周りに幾つもの御堂が並んでいる。

またもう一つ古いチェディも聳えていた。

 

wat3

| 世界の旅・タイ | 10:09 | comments(0) | - | pookmark |
チェンマイの寺院巡りNo1

今回、チェンマイに約300ある寺院の中から歴史の古い寺院から

巡ってみようと考えバイクでチェンマイ郊外の

「ワット・チェディ・リアム」まで走った。

wat

 

チェンマイの「ランナー王国」の建国が、1296年である。

その建国の10年前にマン・ラーイ王によって建てられた寺院が、

チェンマイの南数キロのところにある「ワット・チェディ・リアム」である。

創建が、1286年といわれている。

wat1

 

当時都であった「ウィアン・クム・カム遺跡」のすぐ近くにあり、

非常に特徴のある巨大なチェディ(仏塔)が聳え立っている。

このチェディどこかで見た記憶がある。

wat2

 

以前訪れたランプーンにある「ワット・チャンマ・テウィ」のチェディに

そっくりなのだ。

チェンマイのどの寺院にもない仏塔。

何故マン・ラーイ王は、自ら滅ぼしたハリプンチャイ王国の寺院と

同じような形のチェディ造ったのか?不思議である。

| 世界の旅・タイ | 23:55 | comments(0) | - | pookmark |
明日よりまたタイのチェンマイを訪れる

我々日本人は、タイの歴史について、ほとんど知らない・・・

明日から訪れる「チェンマイ」は、1296年から260年間に渡って

繁栄したラーンナー王国の都です。

ラーンナー王国は、今のタイ北部だけでなく、ミャンマーの東部、

中国雲南の南部、ラオスの西部を含む広大な地域を占めていたのです。

もともとチェンマイ盆地の先住民は、ルア人でした。彼らはピン川流域に

広く分布していました。

8世紀頃モン人の国ハリプンチャイ王国(都はランプーン)ができました。

この王国は、400年ほどチェンマイ盆地を治めました。

その後1296年ラーンナー王国に滅ばされ、都はチェンマイに移りました。

この頃、南部のスコータイにスコータイ王国が設立されました。1238年のことです。

スコータイは、タイ人による最初の統一国家なのです。

 

ch1

 

ch

ラーンナー王国のマン・ラーイ王、スコータイ王国のラームカムヘーン王、

パヤオのパヤ・ガム・ムアン王はいずれもタイ人の首長でした。

チェンマイにある3人の王の像は、この1287年の同盟を記念して造られたものです。

同盟することでハリプンチャイ王国に勝ちランナータイ王国を建国することが出来たのです。

| 世界の旅・タイ | 11:55 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
今月7日、神宮「せんぐう館」がリニューアルオープン!

リニューアルオープンした伊勢神宮外宮の「せんぐう館」を訪れました。

数年前台風で水害にあい2年ほど改修工事をされていたせんぐう館が

ようやく今月開館しました。

senguu

外宮手洗い場左手、勾玉池に面して建つ「せんぐう館」

「神宮式年遷宮を伝える」ことを基本理念としており、

20年に一度繰り返してきた式年遷宮の工事に使われた道具、

神事や装束、神宝などの一部を展示する施設です。

 

この施設は、あまり知られていないのか、観覧客は、まばら、もったいないです。

もっと観てもらいたい素晴らしい展示品があります。

senguu2

とくにメインとなる外宮正殿の原寸大建造物は、一般には入ることの

できない正宮の一番奥の正殿を実感できます。

太いヒノキの柱や、欄干に載る5色の擬宝珠の玉など

お参りするときに見れない体験ができます。

また、1時間ごとに学芸員による解説もあり、知らなかった伊勢神宮も

発見できます。入館料も300円とお安いです。

(館内は撮影禁止ですので、パンフレットの写真を掲載させていただきます。)

| 故郷「伊勢」 | 13:10 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
故郷伊勢にて天皇皇后両陛下をお迎えしました

本日は昨日と打って変わって晴天に恵まれ、

陛下はほろの取り外された儀装馬車、皇后さまは即位パレード「祝賀御列の儀」で

使われたオープンカーで内宮参道を進まれました。

 

tennou

天皇陛下は午前9時20分すぎ、伝統装束「黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)」姿で

馬車に乗り、皇室の祖先神とされる「天照大神」を祭る内宮の「正宮」へ。

皇位の証しとされる剣と璽(じ)と共に正殿へと進み、玉串をささげて拝礼した。

玉串は伊勢神宮祭主で陛下の妹の黒田清子さんの手で神前に供えられた。

kougou

 

続いて、十二単(ひとえ)姿の皇后さまがオープンカーで正宮に向かい、

拝礼。

 

kuruma

2日間の式典を終えられ13時40分頃、実家の前を通られ近鉄宇治山田駅に

向かわれた。残念ながらこの時はオープンカーではありませんでした。

| - | 13:47 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
伊勢の古刹「青峯山正福寺」にお参りする

内宮の手前にある伊勢道路を抜けて、鳥羽と磯部のさかい

「青峯山・正福寺」にお参りすることに決め、オートバイで向かう。

ao3

 

青峯山頂上付近くのこの寺院、創建は奈良時代、何と七五〇年頃なのだそうだ。

天平期の僧 行基が建立し、八〇七年弘法大師空海により、

朝熊山金剛正寺と並び真言密教の中心として栄えたといわれている。

ao

正福寺(しょうふくじ)は、高野山真言宗の仏教寺院。

山号は青峯山(あおのみねさん)で、同名の山の頂上付近にある。別名は嵯峨御所。

海上守護の霊峰として漁業関係者の篤い信仰を集め、

信者は北海道小平町から鹿児島県鹿児島市まで日本中に分布

 

ao4

青峯山正福寺の御本尊

十一面観音を本尊とする。身丈1寸8分の黄金仏で秘仏として厨子に安置されている。

御船祭の際にのみご開帳となる。

この観音は相差村(おうさつむら、現在の鳥羽市相差町)白浜の海から

クジラの背に乗って現れた黄金仏であるという伝説があり、この時、

クジラがやってきた場所の岬が「鯨崎」となり、観音を乗せたクジラが

石化したとされる「鯨石」もあるのだそうだ。

その後、婆羅門僧正が来訪し観音像を拝むと像が光り、腰蓑の漁夫の

姿になったという。僧正は篤い崇敬の念を抱き、木仏を掘って中に観音像を納めた。

御本尊は 11面観世音

| - | 10:06 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
5ツ星ホテル 「ダラデヴィ・チェンマイ」にお茶をしに行ってきました。

タイの古都が誇る珠玉の5ツ星ホテル 「ダラデヴィ・チェンマイ」に

お茶をしに行ってきました。

 

dara3

 

ヴィラですと1泊17万円。チェンマイでは、フォーシーズンズホテルと

並ぶ超高級リゾートホテルです。

 

dara1

 

タイ北部の「北方の薔薇」とも称される古都チェンマイにある

「ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」は、

かつてのラーンナー王朝時代の「都市づくり」をコンセプトに造られており、

城壁都市(集落の集合)を見事に再現しています。

広大な敷地内に広がる大自然や、ラーンナー王朝を彷彿させる建造物、

そしてこだわり抜かれたレストランなどスケールが違いすぎていました

 

dara2

 

ダラデヴィ・チェンマイ Dhara Dhevi Chiang Mai」、

このホテルのヴィラ1泊が、私が現在滞在中のホテルの48泊分に

なると考えると恐ろしいですね・・・

しかし、私も現役時代、世界最高級のパリの「プラザ・アテネ」や

「ロイヤルモンソー」モナコの「オテル・ド・パリ」や

チェンマイの「フォーシーズンズホテル」に何泊か宿泊しました。

馬鹿ですね・・・

| - | 21:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1年ぶりのチェンマイ第1日目

チェンマイ第1日目、今日は、バンコク銀行の自分の口座からATMで出金して、

オートバイをレンタバイク屋で借り、

携帯電話のシムカードを入れ替え、3週間の滞在の日常品を買う予定。

こうしておけば、明日から自由に動け回れる。

10時にホテルから近い大型商業施設MAYA(メイヤー)のATMで

お金をおろそうと行くと、平日11時オープンなのだ。

しかたないのでソンテオ(タクシー)をひろい少し離れた

bike

レンタバイク屋まで40バーツ。

宿泊しているホテルのそばのレンタバイク屋は1台1日250バーツである。

125ccのホンダかヤマハのバイク。875円である。

私の顔見知りの店は、200バーツであるがこれを120バーツに割引してくれる。

420円である。20日も借りているとその差は大きい。

日本では、自転車でさえ1日1000円取られるのに125ccのスクーターを

420円で使えるのです。

さっそく借りて、センタンの電気用品市場に行く。

nokia

タイでは専用のノキア携帯を持っているが、1年に1度だとシムカードがその都度、

期限切れになる。

新たなシムカードを購入して電話料金を払い込む。合わせて200バーツ(700円)だ。

これでタイ市内通話と日本への電話がまかなえる。

ここにもATMがあったのでカードで2万バーツを出金した。

| 世界の旅・タイ | 22:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
1年ぶりにチェンマイ行きです

しばし日本を離れます。TGのジャンボです。

haneda

 

羽田空港国際線、タイ航空の乗り場は、一番奥でした

haneda1

 

 

| - | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH